アグリロゴマーク

デュボワ・ベルナール・エ・フィス

「流行りのワインは造る必要がない。」「ワインになりたいブドウの手伝いをしているだけ」
ショレ・レ・ボーヌの生産者ジャック・デュボワの人柄が現れるワイン。昔から家族が一丸となり、畑、そしてノウハウを受け継ぎ、ぶどうを、ワインを作り続けてきた歴史古典的な『ザ・ブルゴーニュ』を一度飲んでほしい!

1720 年にGIGNY(ジニー村)から、ショレ・レ・ボーヌに引越し、幾世代も続く家族経営のドメーヌ。ジャック・デュボワは1999 年より当主を務めています。「ショレ・レ・ボーヌ」「サヴィニー・レ・ボーヌ」「ボーヌ」「アロース・コルトン」に畑を所有しており、テロワールと自然を尊重した栽培方法に拘っている。従って除草剤の類は一切使用せず、ひたすら土を耕している。

畑のブドウの平均樹齢は約50 年。毎年、手摘みで丁寧に収穫されている。白ワインは10 ヶ月間、赤ワインは15 ヶ月間、樽熟成している。ヴォージュ&アリエ産の樽を使用、25%は新樽である。発酵前の浸漬を含め、醸造には3 週間かかる。発酵には、自社ブドウの果皮に付着している天然酵母のみを使用している。

Line Up / 商品一覧

Images / 画像素材

デュボワ・ベルナール・エ・フィスの画像素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はデュボワ・ベルナール・エ・フィスに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ