アグリロゴマーク

ドメーヌ・ジョセフ・ブリエ ジュリエナス”ボーヴェルネ”Domaine Joseph Burrier Julienas 'Beauvernay'

ジョセフ・ブリエ / シャトー・ド・ボールガールロゴ ジョセフ・ブリエ / シャトー・ド・ボールガール
Joseph Burrier Château de Beauregard

43ha所有するブルゴーニュ南部では異例とも言える広さの自社畑を持つドメーヌである
シャトー・ド・ボールガールとドメーヌ・ジョセフとジョルジュ・ブリエはプイィ・フュイッセ22ha、サン・ヴェラン7ha、ボジョレーのクリュ、フルーリーとムラナヴァン、モルゴン、サン・タムールとシルーブルで12haを含むブルゴーニュ南部では主要なドメーヌです。1872年依頼、自社畑と醸造所“メゾン・トゥルニソー”をフルーリー(ポンシエ)に所有しています。
ここでは一部、上質の赤ワインを醸造しています。
ジョセフ・ブリエはシャトー・ド・ボールガールとドメーヌ・ブリエ、他に“セレクション・ド・ジョセフ・ブリエ”として自社ワインと同じ哲学 “テロワールの表現”という考え方に従い、良いブドウやワインを他の栽培家より調達、醸造し、これらを全世界に販売しています。ジョセフ・ブリエはシャトー・ド・ボールガールとドメーヌ・ブリエ、他に“セレクション・ド・ジョセフ・ブリエ”として自社ワインと同じ哲学 “テロワールの表現”という考え方に従い、良いブドウやワインを他の栽培家より調達、醸造し、これらを全世界に販売しています。

AOCプイイ・フュイッセに1級格付けが誕生します!!

フレデリック・マール・ブリエ氏は2007年にプイィ・フュイッセ生産者連合の会長に再任された年からマコネ地方のさらなる可能性を信じ、仲間と共にプイィ・フュイッセの1級格付け制定の運動を開始、2010年I.N.A.O.(国立原産地名称研究所)に申請しました。そして、努力が実りました。ついに2020年収穫分から、I.N.A.O.はAOCプイィ・フュイッセの800ha、200以上のクリマ、リュー・ディがある中で、シャントル村、フュイッセ村、ソリュートル・プイィ村とヴェルジソン村において1級格付け22クリマ、194haを新しく格付けしました。
ブリエ家が所有する畑の該当する区画はプルミエ・クリュに格上げされます。その内の一つであるフュイッセ村のシャトー・ド・ボールガール“Les Insarts レ・ザンサール”は‘Les Menetrieres レ・メネトリエール’として1級に格付けされるため、2020年ヴィンテージから、Pouilly-Fuissé 1er Cru ‘Les Menetrieres プイィ・フュイッセ プルミエ・クリュ’レ・メネトリエール’としてリリースされることになります。

原産国フランス 参考上代¥3,800
生産地域ブルゴーニュ JANコード4560474983385
地域/産地(格付)AOCジュリエナス クリュ・ボジョレ 入数(1CS)6
味わい(甘辛) 容量(ml)750
タイプ(ボディ)ミディアム~フルボディ アルコール度数14%
飲み頃温度14~17℃
栓の仕様 ヴィンテージ2016
ケースサイズ(mm)幅310 高さ185 奥行240 ケース重量(g)8,200
単品サイズ(mm)幅80 高さ300 奥行80 単品重量(g)1,300
ブドウの品種 ガメイ
平均樹齢 50年
熟成樽 ブルゴーニュ樽 "ピエス”(228L)で8-10ヶ月
生産者webサイト http://www.joseph-burrier.com/
受賞歴/評価 ●Robert Parker's Wine Advocate 89点 (2015Vt)

セールスコピー

ボジョレ地区の10のクリュのうちの1つ、ジュリエナスはボジョレにおいてマコンに近い村です。土壌はボジョレ地区のテロワールとしてベーシックな花崗岩をベースに、更に地底にはブルゴーニュの地層の粘土石灰質、沖積土層が広がっています。クリマ、”ボーヴェルネ”は南向きの斜面にある評判の良い区画。長らく契約畑でしたが2016年にドメーヌになりました。

栽培・醸造

収穫量を調整;環境を尊重する栽培;手摘み収穫。
伝統的な醸造スタイルはヌーヴォーの対極といえる造り方で、7-10日のマセラシオン、醗酵後は228Lのブルゴーニュ”ピエス”樽で8-10ヶ月熟成されます。

テイスティングコメント

ルビー色の輝く色合い、プルーンやグロズイユ&苺等の熟した果実、牡丹の花のアロマ。
フチに含むと仄かな甘草の香りを伴う食欲をそそる味わい。素直でフレッシュなアフター。

相性の良い料理

クリスタルの大きなグラスをお薦めします。
シャルキュトリー(ソーセージなどの豚肉加工食品)、赤身肉のグリル、野鳥などのジビエ、コック・オ・ヴァンなどの鶏肉の料理にも。

画像・POP等

ページの先頭へ