アグリロゴマーク

J.マイヤー・ピノ・ノワール・ブランJ.Meyer Pinot Noir Blanc

モーゼルランドロゴ モーゼルランド
MOSELLLAND

モーゼルランド社は組合員数2000名、ドイツ最大のブドウ栽培農家共同組合です。 モーゼル、ナーエ、ファルツ、ラインヘッセンでワインを産出し、特にリースリングのメーカーとして名を轟かせています。”ブドウからボトルまで”をモットーに品質第一の生産システムを構築。栽培コンサルタント・チームと栽培農家がタッグを組み、確かな品質のブドウを育て上げ、サプライ・チェーンとして原材料調達・生産管理・物流・販売まで完全管理し、IFS(国際食品規格)やBRC(英国小売業協会)の認定を受けています。
※それぞれの認定書を当ページに添付しています。
※IFSはBRCの主要ポイントをすべて備え、より厳しい規格となっているため、2021年度以降はBRCの認証更新はしない方針。

原産国ドイツ 参考上代¥1,500
生産地域 JANコード4006975204494
地域/産地(格付)Q.b.A.モーゼル 入数(1CS)12
味わい(甘辛)辛口 容量(ml)750
タイプ(ボディ)ミディアム~ライトボディ アルコール度数12.0%
飲み頃温度12℃
栓の仕様スクリューキャップ ヴィンテージ2020
ケースサイズ(mm)幅310 高さ335 奥行235 ケース重量(g)14,200
単品サイズ(mm)幅75 高さ325 奥行75 単品重量(g)1,050
ブドウの品種 ピノ・ノワール100%
平均樹齢 16~21年
樽熟成
生産者webサイト https://www.moselland.de/en/
受賞歴/評価
認証

セールスコピー

【ブランド名の由来】
モーゼルランド社の現セラー・マイスター、ドミニク・マイヤーの父親の名前。(親子二代のセラー・マイスター。)父から受け継がれた確かな醸造技術と伝統に対するオマージュ。

【ブランド・コンセプト】
フランス・アルザス地方産の高価な辛口ヴァラエタル・ワインに挑戦する、新生ドイツワイン。『辛口&ヴァラエタル=単一ブドウ品種100%』であることが特徴です。
アルザス地方と隣接(国境のすぐ北側)するファルツ地方産のリースリング、ゲヴュルツトラミネール、ピノ・ブラン、ピノ・グリ、ピノ・ノワールから造られています。
フランスとドイツの境目の地で温暖なファルツは、伝統的にピノ系ブドウを栽培してきました。その歴史を物語るように、フランス王家のユリの紋章をラベルに配しています。ワイン名もドイツ語ではなく、認知度の高いフランス語表記(例:シュペートブルグンダー(独名)ではなくピノ・ノワール(仏名)と表示)、品種ごとに色分けしたカラフルなスクリューキャップ&エンブレムによるわかりやすくスマートなデザインなど、国際市場を強く意識しています。
辛口タイプのニューウェイブ・ドイツワインは、品質はもちろんコストパフォーマンスにおいても非常に優れており、世界で勝負できることを世に知らしめるシリーズです。

【ワイン・コンセプト】
“ブラン・ド・ピノ・ノワール”はアグリからの依頼により誕生した、モーゼル地方で産する赤ワイン用品種ピノ・ノワール100%の白ワインです。
他に類を見ない珍しさ、赤ワイン特有のベリーやアセロラの香りと、いかにもモーゼルの白ワインらしい端麗な酸味が両方楽しめ、しかもとてもリーズナブル!自信をもってお勧めするワインです。

【認証】
トレーサビリティ
IFS(高レベル)、BRC
※IFS(国際食品規格:International Food Standard)独の小売業協会 を土台とした欧州諸国の共同規格。
※BRC(英国小売業協会:British Retail. Consortium)英国小売業協会の規格。

栽培・醸造

醸造家: Mr. Dominik Meyer ドミニク・マイヤー
【原産地】 モーゼル地方
2000年以上の歴史を誇るワイン産地。ローマ帝国からもたらされたワイン文化は非常に高い国際的評価を受けてきました。栽培地域は、コブレンツからトリアー周辺のモーゼル川流域と、その支流であるザール川、ルーヴァー川流域の渓谷。ブドウは、粘土質やデボン紀のスレート土壌の急峻な丘陵畑、もしくは砂&砂利質土壌、白亜質土壌の平地畑で栽培されています。
土壌: スレート
収穫量: 100 hl/ha
栽培: サステイナブル(減農薬)農法
肥料、殺虫剤、除草剤は、オーガニックと化学合成物を併用。
収穫: 9月。手摘みと機械摘み両方。
【ヴィンテージ2020】
比較的温暖で雨の多いスタートとなりました。陽ざしたっぷりで暖かだった春に続き、夏も適度な降雨と豊富な日光に恵まれ、ブドウは順調に成長し、最適成熟度に達したタイミングで収穫されました。その結果、素晴らしいアロマとしっかりとした構造の、エレガントなワインが生まれました。
【醸造】
フリーランジュース、培養酵母使用。16℃に調整したステンレスタンクで18日間の発酵後、9ヶ月間熟成。補糖20g、安定化、ろ過。
【分析】
残糖度;6.8g/L、pH;3.2、総酸度;5.5g/L、残SO2;131mg/L

テイスティングコメント

淡いイエロー・カラー。弾けるようにフレッシュなピノ・ノワールのブラン・ド・ノワール。(黒ブドウから造られる白ワイン。)チェリー、ストロベリーのいきいきとしたアロマ、なめらかな喉越し、豊かな酸味、まろやかな後味が楽しめる親しみやすい味わいです。
飲み頃: 3年後くらいまで

相性の良い料理

食前酒として、リラックスタイムに、またはオードブル、サラダ、チキンなど白身肉の料理と合わせて。良く冷やしてお楽しみください。

ページの先頭へ