アグリロゴマーク

ドメーヌ・ウルスト ドラゴンビュル ペティアン・ナチュレル ( 限定品)Domaine Hurst Dragonbull' Artisanale Petillant Naturel

ドメーヌ・ウルストロゴ ドメーヌ・ウルスト
Domaine Hurst

17世紀よりトゥルクハイム村に居を置くウルスト・ファミリー。1926年にグラン・クリュの畑”ブラント”BRANDを購入しワイン造りをはじめました。1989年にベルナール&アルマン兄弟がワイナリーを相続。弟のアルマンがワイン造りを担い1991年に現在のワイナリーを建設し『ドメーヌ・アルマン・ウルスト』を設立する一方、兄のベルナールは農協へブドウを販売していました。2016年にウルスト家の畑は統合され、名レストランのソムリエから醸造家に転身したサミュエル・トットリを総責任者に迎え、ワイナリーは『ドメーヌ・ウルスト』と改名して再スタートを切りました。サミュエルの指揮の下、アルマンも相談役として今もワイン造りに関わり、”食事に寄り添うスタイルのワイン”を追求しています。
丘陵地(標高最大380m)に広がる南東~南向きの陽当たりの良い畑、水はけ抜群の花崗岩土壌、谷から吹き付ける風(ブドウを凝縮させる)、少ない降雨量(年間500ミリ前後)といった恵まれたテロワールの下で有機栽培されたブドウから、豊かな果実味と鮮烈な酸味を持つエレガントなワインが生み出されています。 2019年ヴィンテージよりデメテール認証を取得。

ヴィンテージ2022 参考上代¥4,200
原産国フランス JANコード4560474983590
生産地域アルザス 入数(1CS)12
地域/産地(格付)ヴァン・ド・フランス 容量(ml)750
味わい(甘辛)やや辛口 アルコール度数12%
タイプ(ボディ)ライトボディ 発泡
飲み頃温度 栓の仕様
ケースサイズ(mm)幅380 高さ295 奥行240 ケース重量(g)19,600
単品サイズ(mm)幅85 高さ305 奥行85 単品重量(g)1,600
ブドウの品種 ミュスカ・オトネル
平均樹齢
樽熟成
生産者webサイト https://www.hurst-shop.fr/PBCPPlayer.asp?ID=1969456
受賞歴/評価
認証 デメテール認証、エコセール認証

セールスコピー

ドラゴン伝説の残る土地、アルザス・グラン・クリュ“ブラント”の ミュスカ・オトネル種から造られるドラゴンビュル。 アンセストラル方式のペティヤン・ナチュラル。

2022年醸造家サミュエル・トットリ氏コメント
DragonBull 2022 は 2020 とは少し異なります。
これが、この職人技によるナチュラルスパークリングワインの特徴です。
2022年は少し早めにブドウを収穫したため、圧力は1.1気圧と低くなりました。主にアルコールレベルを制限し、酸性度を保ち、低いPHを維持するためです。
しかし何よりも、2022 ヴィンテージ中に多く存在する細菌の発生を減らすためです。

収量も2020年よりも低かったのですが、香りの複雑さと風味は確かにより強く感じられます。

ノンフィルターの為もあり濁りがありますがボトルに自然に存在する澱など含まれます。ワインはデゴルジュマンされていますが、ボトルによっては粘度がある沈殿物が見られる場合があります。

栽培・醸造

グラン・クリュ・ブラントのミュスカ・オトネル種を手摘みで収穫し圧搾、低温のステンレス・タンクで自然発酵後、フィルターをかけず、手作業で瓶詰めし王冠で栓をしています。1.1 気圧。ボトルの中でも引き続き発酵は続いていて、心地良い泡を生み出しています。工程の中で亜硫酸は無添加です。

テイスティングコメント

手摘みしたブドウを圧搾し、ブドウの糖分のみで自然発酵させたナチュラル・アンセストラル。トロリとした酒質、グラスの底からゆっくりと立ち昇る微細な泡。青リンゴを思わせるさわやかな酸味、徐々に花開いていくマスカットの香り、ミネラルの風味、ドライな後味。自然派ならではの鮮烈な個性と野性味が楽しめる、無ろ過の微発砲ワインです

画像・POP等

ページの先頭へ