アグリロゴマーク

ラ・プラヤ ソーヴィニヨン・ブランLa Playa Sauvignon Blanc

ラ・プラヤロゴ ラ・プラヤ
La Playa

チリ・コルチャグア出身のスティル・ファミリーとカリフォルニア州ナパ・ヴァレーのアクセルセン・ファミリーは、チリの優れたテロワールに惚れ込み、1990年、コルチャグア・ヴァレーの銘醸地ペラリージョ、ティンギリリカ川のほとりで、共同でブドウ栽培を始めました。それがラ・プラヤ・ワインズの誕生です。
現在は両ファミリーの2世代目が、ラベルに描かれたサパジャール海岸の環境保護プロジェクトを主軸に、環境問題に熱心に取り組みつつワイン造りをしています。

原産国チリ 参考上代¥1,400
生産地域 JANコード7809591500271
地域/産地(格付)DO セントラル・ヴァレー(広域DO) 入数(1CS)12
味わい(甘辛)辛口 容量(ml)750
タイプ(ボディ)ライトボディ アルコール度数12.5%
飲み頃温度8~10℃
栓の仕様スクリューキャップ ヴィンテージ2021
ケースサイズ(mm)幅245 高さ310 奥行340 ケース重量(g)14,600
単品サイズ(mm)幅75 高さ300 奥行75 単品重量(g)1,200
ブドウの品種 ソーヴィニヨン・ブラン100%
平均樹齢 3年
樽熟成 なし
生産者webサイト http://www.laplayawines.com/
受賞歴/評価 ジェームズ・サックリング2021 90点(2020VT)
認証 (1) Certified Sustainable Wine of Chile
(2)1% FOR THE PLANET
(3) Vラベル=ヴィーガン認証
(4) BRC認証
(5) Wine in moderation(EU,ブリュッセル)
※詳細はメーカー説明ページをご覧ください。

セールスコピー

【ブランド・コンセプト】
チリの海岸線の環境を守るという、目的を持ったワイン。持続可能で責任をもったワイン造り。
【ラベル・デザイン】
チリのセントラル・ビーチにある、美しいサパジャールZapallar海岸。
カモメは美しい浜辺の象徴。
≪エステート・シリーズ≫
ブドウ品種の最良の個性が楽しめるフレッシュで親しみやすいエントリー・シリーズ。フルーティーな香りと風味が、若々しく純粋な印象。
ソーヴィニヨン・ブランは、ペテロア火山の麓からわずか10kmの地域で収穫されたブドウを使用。きらめくグリーン色、グレープフルーツやライムなど柑橘系のアロマを持つ、非常にフレッシュでさわやかなワイン。

栽培・醸造

原産地:チリ、セントラル・ヴァレー (CENTRAL VALLEY)
チリワイン誕生の地セントラル・ヴァレーに属する様々なエリア(マイポ・ヴァレー、コルチャグア・ヴァレー、クリコ・ヴァレー、マウレ・ヴァレー)で産するブドウを使用。

栽培 : 慣行農法。垂直式の仕立て、ドリップ式灌漑。
収穫:2月。機械摘み。涼しい夜間~早朝のうちに摘み取り。
醸造家: Ms. PAMELA AVILÉS
醸造:
ブドウを優しく圧搾し、培養酵母を加え、14℃のステンレスタンクで20日間の発酵。マロラクティック発酵後、しばらく熟成させ、安定化、ろ過。
≪分析データ≫ pH:3.31、残糖:2.2g/L、残SO2: 122mg/L
生産量: 60万本

テイスティングコメント

グリーン&プラチナの輝きを放つ、明るく澄んだ淡いイエロー・カラー。トロピカル・フルーツとシトラス・フルーツの香りが際立つアロマに、ハーブの香りが複雑なニュアンスを与えています。フレッシュで繊細な果実の味わいは、バランスの取れた酸味を含み、長くフルーティーな余韻へとつながっていきます。
飲み頃: 今すぐ~2年後くらいまで

相性の良い料理

食前酒に最適。グリーンサラダ、シーフード、白身魚のレモンまたは白ワインソース添え、フレッシュなホワイトチーズ、ヤギのチーズと。

画像・POP等

ページの先頭へ