アグリロゴマーク

シャトー・ペロス マディランChâteau Peyros Madiran

シャトー・ペロスロゴ シャトー・ペロス
Château Peyros

シャトー・ペロスは、特殊なテロワールとマイクロ・クライメート(微気候)に恵まれ、他の生産者とは一線を画した存在です。岩だらけの荒地のようなブドウ畑は完全な南向きで、ブドウはたっぷりと陽光を浴びています。
マディランの伝統品種であるタナは、他にはアルゼンチンでしか栽培されていない珍しい品種。ブラックフルーツ、タバコの風味にほのかなメンソールが香る、非常に骨格のしっかりしたワインとなります。ペロスではかつては”ボルドー醸造学の父”と呼ばれたエミール・ぺイノー教授が、そして現在も世界的に高名なステファン・ドゥルノンクールがコンサルタントを務めています。
女性醸造家コリーヌ・ランヨの手により、はっきりとしたマディランらしさがありながらいわゆる”古風な”重いタイプではなく、豊かな果実味とそれを支える繊細でなめらかなタンニンを存分に楽しめる、ボルドー・スタイルのワインが生み出されています。

ヴィンテージ2018 参考上代¥2,700
原産国フランス JANコード4560474983651
生産地域南西地方 入数(1CS)6
地域/産地(格付)AOCマディラン 容量(ml)750
味わい(甘辛) アルコール度数13.5%
タイプ(ボディ)
飲み頃温度 栓の仕様
ケースサイズ(mm) ケース重量(g)
単品サイズ(mm) 単品重量(g)
ブドウの品種 タナ 60%、カベルネ・フラン 40%
平均樹齢 25〜30年
樽熟成
生産者webサイト https://baronfrancois.com/producers/chateau-peyros/
受賞歴/評価 ●ワイン・エンシュージアスト: 90点(2015VT)
●ワイン・エンシュージアスト: 90点&ベスト・バイ(2016VT)
●ワイン・エンシュージアスト: 91点(2018VT)
認証

栽培・醸造

ほとんどが南向きの畑(全20ha)のうちタナ種の作付けは9ha。小石と砂利主体の砂&シルト質土壌。

テイスティングコメント

濃厚で深みのあるルビー・レッド。いかにもタナ種らしい、ブラック・ベリーなどの力強いアロマ。ソフトでまろやかなタンニンあふれるしなやかなのど越し。チェリーの風味がフレッシュな余韻を残す後味。全体的に”フィネス”精妙さが感じされ、熟成による変化が楽しみな味わいです。

ページの先頭へ