アグリロゴマーク

シュテッフェン・STリースリング・シュタイルラーゲ・トロッケンSteffen ST Riesling Steillage Trocken

シュテッフェンロゴ シュテッフェン
Gebrüder Steffen Winehouse

1794年から続く家族経営のワイナリー。”永続性“、つまり先代が築いた基盤を次世代へ引き継いでいくことを重視しています。モーゼル河畔の "舌のような形 "をしたトリッテンハイム村では急峻な斜面畑が広がり、比類なき個性を湛えた上質なワインが産まれます。

ヴィンテージ2021 参考上代¥2,000
原産国ドイツ JANコード4015717181214
生産地域モーゼル 入数(1CS)12
地域/産地(格付) 容量(ml)750
味わい(甘辛)やや辛口 アルコール度数11.5%
タイプ(ボディ)ミディアムボディ
飲み頃温度10~12℃ 栓の仕様スクリューキャップ
ケースサイズ(mm)幅330 高さ265 奥行250 ケース重量(g)16,600
単品サイズ(mm)幅75 高さ255 奥行75 単品重量(g)1,300
ブドウの品種 リースリング100%
平均樹齢 20~40年
樽熟成
生産者webサイト https://www.steffen-wein.com/en/
受賞歴/評価 ベルリン・ワイントロフィー2021金賞
認証 IFS認証Ver.7ハイレベル

セールスコピー

STとはSteffen Trittenheim(生産者名=シュテッフェン/村名=トリッテンハイム) の略。
Steillage Trocken シュタイルラーゲ・トロッケンとは
シュタイルラーゲはモーゼル渓谷の斜面の約4割を占める斜度30度超の急勾配な斜面畑。
トロッケンは辛口。(残糖9g/Lまで)

泥や粘土鉱物が堆積した頁岩(シェール、スレート)から成る土壌の、急斜面の畑は川面の反射もあり陽当たり抜群。完熟したリースリングをデリケートな辛口に仕上げました。リースリングの精妙さと独特のテロワールがもたらすスパイシーさが楽しめる、フルーティで香り高いワインです。

栽培・醸造

醸造責任者: ハンス・シュテッフェン
原産地: モーゼル中部ラインランド・ファルツ州
ブドウ畑: 標高130~180m、青色&赤色のスレート土壌
密植率: 8000~10000本、収穫量:60~70hl/ha
栽培: ギュイヨ式垣根仕立て。
慣行農法(肥料=オーガニック、殺虫剤=化学薬品。除草剤は不使用)
収穫: 手摘み
醸造: フリーラン及び一番搾りのジュースを使用。野生酵母を用い15℃のステンレスタンクで10日間発酵。マロラクティック発酵は行わず、そのまま熟成。ろ過して瓶詰め。
≪データ≫残糖7.5g/L、酸度7g/L、残SO2;59mg/L
生産量: 18,000本

テイスティングコメント

明るいゴールドの色合い。モモやアンズの香り、フリンティな火打石の香りとピュアな果実のアロマ、さわやかなレモンを思わせる酸味。いかにも急斜面畑で育ったリースリングのワインらしいフレッシュで生き生きとした口当たり。 驚くほどバランスの取れた味わいで、後味には粘板岩土壌がもたらすミネラルの風味が漂います。

相性の良い料理

あっさりとした魚介や鶏肉など白身肉の料理、サラダと。
とんかつなどの揚げ物や、しょう油をベースとした和風テイストの料理にもよく合います。

ページの先頭へ