アグリロゴマーク

ルイ・ベルヴォー カベルネ・ソーヴィニヨンLOUIS BELVEAUX

ラ・ヴィコンテロゴ ラ・ヴィコンテ
LA VICOMTE

今から40年前、ワイン生産販売のために結集した生産者連合ラ・ヴィコンテ。

南仏ラングドックの中心部モンペリエ近郊、45の村々の約2000もの小規模栽培農家が参加し、8000haのブドウ畑を育てています。 世代を越えて受け継がれてきた郷土愛を胸に、若い醸造家チームや販売チームが、あらゆるノウハウやアイデアを結集し、様々なニーズに応えています。
ラングドック最大の盆地の一つであり、5つの醸造所を抱えるラ・ヴィコンテは優れた品質のワインを識別し選出する、傑出した力があります。

原産国フランス 参考上代¥1,800
生産地域ラングドック JANコード3331900014673
地域/産地(格付)IGPペイ・ドック 入数(1CS)6
味わい(甘辛)辛口 容量(ml)750
タイプ(ボディ)ミディアム~フルボディ アルコール度数13.5%
飲み頃温度16~18℃
栓の仕様コルク ヴィンテージ2020
ケースサイズ(mm)幅260 高さ315 奥行180 ケース重量(g)9,800
単品サイズ(mm)幅80 高さ305 奥行80 単品重量(g)1,500
ブドウの品種 カベルネ・ソーヴィニヨン100%
平均樹齢 30年
熟成樽 ワインの一部をオーク樽で3ヶ月間熟成
生産者webサイト http://www.vicomtedaumelas.fr/about-us.html
受賞歴/評価

セールスコピー

印象的なラベル、はっきりとした味わいの、インパクトのあるシリーズ。

ブランド名の由来:
ヴィコンテの協同組合の5つのメンバーの1つ、サン・ボージル・ド・ラ・シルヴ(SAINT BAUZILLE DE LA SYLVE)というワイナリーで働いていた、かなり昔のエノロジストの名。
ルイ・ベルヴォーは、独自のワイン熟成方法を編み出し実践した伝説のエノロジストでした。
そこでサン・ボージル・デ・ラ・シルヴが誇る高級品種の白&赤のワインのブランドに、彼の名が冠されたのです。

ラベル・デザイン:
少しアール・デコ調の幾何学模様を配した非常にモダンなラベル・デザインは、新しい醸造方法を生み出したこのエノロジストの進取の精神と働き方の姿勢を思い起こさせます。

栽培・醸造

標高: 50~100m
土壌: 粘土石灰質
平均樹齢: 30年
密植率: 3000本/ha
平均収穫量: 40hl/ha
収穫: 9月下旬~10月上旬 機械摘み
醸造:
ブドウを除梗圧搾し培養酵母を加え、25℃に調整したステンレスタンクで30日間果皮浸漬、10日間発酵。21℃で4日間の乳酸発酵。ワインの一部をオーク樽で3ヶ月間熟成。安定化、ろ過。
≪分析データ≫
総酸度;3.3g/l, 残糖;1.0g/ⅼ, 残SO2;131mg/l

テイスティングコメント

奥深いガーネット・レッド。ブラックカラント、煎りたてのコーヒー豆、スパイス、タバコの香り。リッチな味わいのフルボディでありながら繊細さも併せ持ち、グリルしたような香ばしさと果実味あふれる余韻が長く続きます。
適温: 16~18℃
飲み頃: 5年後くらいまで

相性の良い料理

テリーヌ、フォワ・グラ、生ハムなどのオードブルと。肉のシチュー、グリルやロースト、バーベキュー、熟したチーズ、チョコレートと。

画像・POP等

ページの先頭へ