アグリロゴマーク

ロジャレット ・ネグラROJALET NEGRE

セリェル・マスロッチロゴ セリェル・マスロッチ
CELLER MASROIG

1917年設立。DOモンサンを代表する人気ワイナリー。赤い粘土質土壌(マスロッチ=”赤い土地”の意)から、風味豊かでユニークな安定した品質のワインを生み出し、抽象画のような美しいラベルと合わせて、国際的に高い評価を受けています。オーガニック・ワインのフェレストも新登場!

原産国スペイン 参考上代¥1,600
生産地域カタルーニャ JANコード8437002456030
地域/産地(格付)DOモンサン 入数(1CS)12
味わい(甘辛)辛口 容量(ml)750
タイプ(ボディ)ミディアムボディ アルコール度数14.5%
飲み頃温度15~18℃
栓の仕様コルク ヴィンテージ2018
ケースサイズ(mm)幅310 高さ310 奥行240 ケース重量(g)15,000
単品サイズ(mm)幅75 高さ300 奥行75 単品重量(g)1,200
ブドウの品種 ガルナッチャ60%、カリニャン40%
平均樹齢 20~25年
熟成樽
生産者webサイト http://cellermasroig.com/
受賞歴/評価 インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019 92点 ギア・ペニン2020 89点(4stars)

セールスコピー

名前の由来:
“ロジャレット”はカタルーニャ語で赤(ロッチROIG)という言葉に近く、この山地独特の赤色粘土土壌に由来する造語。カラカラに乾いた赤い大地でブドウは地中の奥深くまで必死で根を伸ばし、地下水を吸い上げるための細い道筋をつくります。たくましく生き抜くブドウからは、風味豊かでユニークなワインが生まれます。
ラベル・デザイン: 赤い粘土の地層を表しています。

栽培・醸造

醸造責任者: カルロス・エスコラール(※写真あり)
原産地: DOモンサン(カタルーニャ地方プリオラート、エル・マスロッチ)
密植率: 5000本/ha
収穫量:60hl/ha
標高:250m(100~300m)
土壌: 赤色粘土&石灰質
収穫: 手摘み
製法: ガルナッチャは果皮が薄くチェリーのような明るい色と風味を持ち、カリニャンは果皮が厚くブラックフルーツのような濃厚さとスパイシ―な風味にあふれるブドウ。温度調整したステンレスタンクで伝統的な発酵。28℃に温度調整したステンレスタンクで10日間浸漬発酵、25℃で5日間の乳酸発酵。ステンレスタンクで4ヶ月間熟成。安定化、ろ過。

テイスティングコメント

スミレ色の陰影のある明るいルビー色。レッドフルーツやチェリーの弾けるようなアロマに地中海のハーブの香り。豊かな果実味、熟した滑らかなタンニン、複雑な風味の余韻も長く楽しめるミディアムボディ。チキンやポークなど普段の料理に合わせやすい、親しみやすいワイン。

相性の良い料理

チキンやポークのグリルと。

ページの先頭へ