アグリロゴマーク

モローナ トスカーナ ロッソ ディ ポッジ IGTTOSCANA ROSSO ROSSO DEI POGGI IGT

バディア・ディ・モローナロゴ バディア・ディ・モローナ
BADIA DI MORRONA

1939年にガスリーニ=アルベルティ公爵家DUCAが修道院(バディア)だった地所
及び建物を買い取り、ピサでトップの評判を誇る造り手となりました。
醸造責任者はジョルジョ・マローネ氏(写真左)。サッシカイア、ティニャネロ、ソライアを
世界に知らしめたスーパー・タスカンの父、ジャコモ・タキス氏(2016年没)が彼の才能
に惚れ込み、1988年後継者としてヘッドハンティングしました。タキスはアンティノーリ
社を退職する1992年までの4年間、ジョルジョと寝食を共にし徹底的に教え込みました。
その後タキスと共にコンサルタント・チームのチーフ・エノロゴとしてトスカーナで活躍し
ました。

原産国イタリア 参考上代¥1,400
生産地域トスカーナ JANコード8033629900002
地域/産地(格付)IGT 入数(1CS)12
味わい(甘辛) 容量(ml)750
タイプ(ボディ)ミディアムボディ アルコール度数13.5%
飲み頃温度15~16℃
栓の仕様コルク ヴィンテージ2018
ケースサイズ(mm)幅315 高さ300 奥行240 ケース重量(g)14,500
単品サイズ(mm)幅70 高さ295 奥行70 単品重量(g)1,100
ブドウの品種 サンジョベーゼ85%、メルロー15%
平均樹齢
樽熟成
生産者webサイト http://gaslinialberti.it/en/
受賞歴/評価
認証

セールスコピー

スーパー・タスカンの系譜を受継ぐジョルジョ・マローネが造るデイリー・トスカーナ!

ジョルジョ・マローネはサッシカイア、ティニャネロ、ソライアの生みの親として有名なスーパー・タスカンの父、故ジャコモ・タキスのチーフ・エノロゴとして活躍しました。

栽培・醸造

ピサの丘陵地のテロワールを見事に繁栄した、芳香に満ちた飲みやすいサンジョヴェーゼ主体のワイン。食中酒に最適。ステンレスタンクで熟成。

テイスティングコメント

紫がかったきらめきを持つ、濃厚でいきいきとしたルビー・レッド。エレガントで濃厚な香りはベリー・フルーツやハーブを思わせる。バランスが秀逸で、風味にあふれたソフトな味わい。程よいタンニンの中にミントやホワイトペッパー、ブラックベリー、スモーキーな風味が感じられる。

相性の良い料理

肉料理、フレッシュでマイルドなチーズと。

ページの先頭へ