アグリロゴマーク

モローナ タネート トスカーナ ロッソ IGTTOSCANA ROSSO TANETO IGT

バディア・ディ・モローナロゴ バディア・ディ・モローナ
BADIA DI MORRONA

1939年にガスリーニ=アルベルティ公爵家DUCAが修道院(バディア)だった地所
及び建物を買い取り、ピサでトップの評判を誇る造り手となりました。
醸造責任者はジョルジョ・マローネ氏(写真左)。サッシカイア、ティニャネロ、ソライアを
世界に知らしめたスーパー・タスカンの父、ジャコモ・タキス氏(2016年没)が彼の才能
に惚れ込み、1988年後継者としてヘッドハンティングしました。タキスはアンティノーリ
社を退職する1992年までの4年間、ジョルジョと寝食を共にし徹底的に教え込みました。
その後タキスと共にコンサルタント・チームのチーフ・エノロゴとしてトスカーナで活躍し
ました。

原産国イタリア 参考上代¥2,400
生産地域トスカーナ JANコード8033629900071
地域/産地(格付)IGT 入数(1CS)12
味わい(甘辛) 容量(ml)750
タイプ(ボディ)フルボディ アルコール度数14.0%
飲み頃温度16~18℃
栓の仕様コルク ヴィンテージ2018
ケースサイズ(mm)幅330 高さ330 奥行250 ケース重量(g)17,500
単品サイズ(mm)幅70 高さ310 奥行80 単品重量(g)1,500
ブドウの品種 シラー70%、サンジョヴェーゼ15%、メルロー15%
平均樹齢
樽熟成
生産者webサイト http://gaslinialberti.it/en/
受賞歴/評価
認証

セールスコピー

トスカーナでは珍しいシラー種主体のフルボディ・ワイン。

栽培・醸造

トスカーナは数多くのブドウ品種を育む土地だが、特にぴったりと適合する品種がある。シラーも成功している品種の一つ。早熟なメルロー、トスカーナのテロワールを体現したサンジョヴェーゼとのブレンドにより、独特で複雑な味わいのワインが産まれる。ディスペラートとポッジの畑より収穫。標高180m、東向き、砂や化石を多く含む石灰石土壌。コルドン・シュプール仕立て。密植率5600本/ha。収穫は9月より開始、メルロー、シラー、サンジョヴェーゼの順。品種ごとに異なる温度で10日間浸漬。
227L入りのフレンチオーク樽で12ヶ月熟成。瓶内熟成5ヶ月。

テイスティングコメント

シナモン、チョコレート、ブラックペッパーのデリケートなアロマ。口当たりはしなやかで心地よく、ベルベットのような舌触り。味わいにはコクがあり、長くたっぷりとした余韻も楽しめる。長い樽熟成により、力強い構成と複雑な風味、サンジョヴェーゼの果実味とシラーのスパイシーさが十分引き出されている。

相性の良い料理

濃厚なパスタやリゾット、肉のグリルやソテーと。

ページの先頭へ