アグリロゴマーク

ロゼラズ ピノ ノワール サンタ ルチア ハイランズROSELLA'S PINOT NOIR SANTA LUCIA HIGHLANDS

ローリング・ワイン・カンパニーロゴ ローリング・ワイン・カンパニー
LORING WINE COMPANY

2000年代初め、彗星の如く現れたカリフォルニア・ピノノワール生産者。
ブライアン・ローリングは初期のカリフォルニア・ブティック・ワイナリーのピノ・ノワール生産者の一人であり、全く未知の分野に飛び込んだ開拓者だった。(彼は元ソフトウェア・エンジニア)
大学時代、ハリウッドのワインショップで働いていたブライアンはショップの経営者の一人が熱狂的なブルゴーニュ・ファンだったことから、ブライアン初のブルゴーニュ・ワイン体験は、デュジャック、アンリ・ジャイエ、DRCといった錚々たる造り手のワインの洗礼を受けた。

原産国USA 参考上代¥8,800
生産地域カリフォルニア JANコード0896641002042
地域/産地(格付)サンタ・ルチア・ハイランズAVA 入数(1CS)12
味わい(甘辛)辛口 容量(ml)750
タイプ(ボディ)ミディアム~フルボディ アルコール度数14.3%
飲み頃温度16~18℃
栓の仕様コルク ヴィンテージ2015
ケースサイズ(mm)幅340 高さ310 奥行250 ケース重量(g)16,200
単品サイズ(mm)幅80 高さ300 奥行80 単品重量(g)1,300
ブドウの品種 ピノ・ノワール
平均樹齢
樽熟成
生産者webサイト http://www.loringwinecompany.com/home.php
受賞歴/評価 カリフォルニア・グレープヴァイン 92点、プリンス・オブ・ピノ(ピノ・ファイル)90点、スティーブ・ハイモフ氏(ワイン・エンシュージアストの元西海岸担当者評価)94点
認証

セールスコピー

カリフォルニア・ピノ界で最も注目を浴びるピノ・フリークな生産者。いかにもニューワールドらしい濃厚さとバランスの良さが魅力。

栽培・醸造

ロゼラス・ヴィンヤードはモントレーのサンタ・ルシア・ハイランズの北部に位置し、所有者はゲイリー・フランシオーニ。彼はシェラ・マール・ヴィンヤードも所有、またゲイリー・ピゾーニとゲイリーズ・ヴィンヤードを共有している。ブドウ園の名前は彼の妻ロゼラから取られている。クローン667、828、ピゾーニ・クローン。フレンチオーク樽(新樽15%)で10ヶ月熟成。生産量: 400ケース

テイスティングコメント

【カリフォルニア・グレープヴァイン 92点】明るめのルビー色。活気に満ち早熟で芳香に満ち複雑。ラズベリーやブラック・チェリーのアロマにベーキング・スパイス(シナモン、アニス、クローブ、カルダモンなど)やモカ、森の下草の香り。ミディアム~フルボディ。奥深く濃厚な味わいで肉付きが良く、チェリーやレッド・ベリーやコーラを思わせる風味、軽快な酸味があり、口当たりはベルベットのように滑らか。程よいタンニン、長く尾を引く余韻。早熟で今すぐに充分楽しめるが、数年の瓶内熟成により更に複雑味と風味が増すだろう。非常にお奨めの一本。
【プリンス・オブ・ピノ(ピノ・ファイル)90点】 程よい濃さの赤紫色。ブルーベリー、ブラック・ラズベリーのアロマにナッティなオーク香が漂う。ブラック・チェリー、ブルーベリー、ブラック・ラズベリーの豊かな果実味が楽しめるミディアムボディで後味もゴージャス。オーク樽の風味とタンニンが見事に融けあい、後味はスパイシーなチェリーの美味しさにあふれ、豊かな余韻を残す。
【スティーブ・ハイモフ氏(ワイン・エンシュージアストの元西海岸担当者評価)94点】
チェリーとプラムのおいしさにあふれ、酸味と樽香、タンニンのバランスがすばらしい。今すぐに楽しめる。やわらかいフィレ肉やサーモンやマグロのグリルと。

相性の良い料理

やわらかいフィレ肉やサーモンやマグロのグリルと

ページの先頭へ