アグリロゴマーク

ピーニャ シャルドネ オーク ノール ロウPINA OAK KNOLL LOW VINEYARD CHARDONNAY

ピーニャロゴ ピーニャ
PINA

ピーニャ家はナパの歴史そのもの
ピーニャ兄弟の父方の家系の歴史を辿ると、祖父母がハワイで一旗揚げようと故郷のスペイン・マラガを発ったのは1911年の事でした。その後カリフォルニアに渡った彼らは1920年代にラザフォードの農場に定住し、現在のワイナリーに近い、ナパの“シルバラード・トレイル”(ナパのワイン街道)にブドウ園を開きました。
一方母方の家系は、ミズーリ州から幌馬車隊を率いてナパ・ヴァレーに乗り入れた1856年以来、ずっとこの地に住みついてきました。ピーニャ家の高祖父にあたるブルフォードの息子、ラファイエットは農夫であるとともにワイン醸造家で、セントヘレナのすぐ南の“スタイス・レーン(STICE LANE)”ぶどう園(現在ロンバウアー・ヴィンヤーズが所有する畑)を開きました。またラファイエットは20世紀初頭、イングルヌック・ワイナリーの醸造責任者としてナパ・ワイン産業会のリーダーを務めていました。曽祖父のチャールズ・グロスは1880年代、ハウエル・マウンテンの“バックアイ”ブドウ園の目と鼻の先に入植。息子のチャールズ・ジュニアは、ラファイエット・スタイスの娘メイベルと結婚、そしてラザフォードにある“グロス・レーン”ブドウ園を切り開きました。
彼らの父親は、現在の“プランプ・ジャック&ラッド”ブドウ園のマネージャーを勤める傍ら、何人かのクライアントのブドウ園の管理を請け負っていました。そして1960年、彼は自分のブドウ園、“ジョン・ピーニャ・ジュニア&サンズ”を開きブドウを販売していました。

原産国USA 参考上代¥6,000
生産地域ナパ JANコード4560474981381
地域/産地(格付)オーク・ノール 入数(1CS)12
味わい(甘辛)辛口 容量(ml)750
タイプ(ボディ)ミディアムボディ アルコール度数14.2%
飲み頃温度8~10℃
栓の仕様コルク ヴィンテージ2014
ケースサイズ(mm)幅360 高さ300 奥行280 ケース重量(g)17,200
単品サイズ(mm)幅85 高さ290 奥行85 単品重量(g)1,200
ブドウの品種 シャルドネ
平均樹齢 19年
熟成樽
生産者webサイト http://www.pinanapavalley.com/
受賞歴/評価

セールスコピー

ナパの栄光を支えてきた知られざる名門ワイナリー。アメリカ国内でのみ入手可能だった幻のワイン。

栽培・醸造

ロウ・ブドウ園はナパ南部、オーク・ノルにある。深い粘土ローム層土壌で、北西~南東向きに整然とした美しいシャルドネの畑が広がる。ナパでも涼しい気候区であるがカーネロスとしては暖かく、ブドウ生育期を通して朝晩、濃い霧が広がり、力強くまろやかなシャルドネの栽培に理想的である。シャトー・モンテリーナ(1976年のパリ・テイスティングでシャルドネ1位に輝いた伝説のワイナリー)の畑と隣接している。2009年が初ヴィンテージ。樽発酵、乳酸発酵100%。フレンチオークの樽で7か月熟成。

テイスティングコメント

桃、アプリコット、洋ナシ、熟れたメロン、グアバなどの豊かなアロマが立ち昇る。オレンジの花や砕いた岩のようなミネラル香、バニラなどの多層的な香り。クリーミーな口当たりと鮮やかな酸味の対比が素晴らしく、レモンカード(レモン・バター・クリーム)の風味や甘く香ばしい樽香を含む後味へと繋がっていく。乳酸発酵と樽熟成により、複雑で優雅、テロワールの個性がしっかりと顕れた奥深い味わいを実現している。

相性の良い料理

甲殻類、鶏、豚のグリル

ページの先頭へ