アグリロゴマーク

ピーニャ カベルネ ソーヴィニヨン ダダーモPINA NAPA VALLEY D'ADAMO VINEYARD CABERNET SAUVIGNON

ピーニャロゴ ピーニャ
PINA

ピーニャ家はナパの歴史そのもの
ピーニャ兄弟の父方の家系の歴史を辿ると、祖父母がハワイで一旗揚げようと故郷のスペイン・マラガを発ったのは1911年の事でした。その後カリフォルニアに渡った彼らは1920年代にラザフォードの農場に定住し、現在のワイナリーに近い、ナパの“シルバラード・トレイル”(ナパのワイン街道)にブドウ園を開きました。
一方母方の家系は、ミズーリ州から幌馬車隊を率いてナパ・ヴァレーに乗り入れた1856年以来、ずっとこの地に住みついてきました。ピーニャ家の高祖父にあたるブルフォードの息子、ラファイエットは農夫であるとともにワイン醸造家で、セントヘレナのすぐ南の“スタイス・レーン(STICE LANE)”ぶどう園(現在ロンバウアー・ヴィンヤーズが所有する畑)を開きました。またラファイエットは20世紀初頭、イングルヌック・ワイナリーの醸造責任者としてナパ・ワイン産業会のリーダーを務めていました。曽祖父のチャールズ・グロスは1880年代、ハウエル・マウンテンの“バックアイ”ブドウ園の目と鼻の先に入植。息子のチャールズ・ジュニアは、ラファイエット・スタイスの娘メイベルと結婚、そしてラザフォードにある“グロス・レーン”ブドウ園を切り開きました。
彼らの父親は、現在の“プランプ・ジャック&ラッド”ブドウ園のマネージャーを勤める傍ら、何人かのクライアントのブドウ園の管理を請け負っていました。そして1960年、彼は自分のブドウ園、“ジョン・ピーニャ・ジュニア&サンズ”を開きブドウを販売していました。

原産国USA 参考上代¥14,000
生産地域ナパ JANコード4560474981367
地域/産地(格付)ナパ・ヴァレー 入数(1CS)12
味わい(甘辛)辛口 容量(ml)750
タイプ(ボディ)フルボディ アルコール度数14.5%
飲み頃温度16~18℃
栓の仕様コルク ヴィンテージ2013
ケースサイズ(mm)幅350 高さ310 奥行260 ケース重量(g)17,800
単品サイズ(mm)幅75 高さ300 奥行75 単品重量(g)1,400
ブドウの品種 カベルネ・ソーヴィニヨン
平均樹齢 21年
熟成樽
生産者webサイト http://www.pinanapavalley.com/
受賞歴/評価

セールスコピー

ナパの栄光を支えてきた知られざる名門ワイナリー。アメリカ国内でのみ入手可能だった幻のワイン。

栽培・醸造

ナパのアトラス・ピークの麓に広がる南~南西向きの畑。勾配2~20度。1982年より賃借。岩や丸石だらけの粘土ローム層土壌で水はけが良い。ブドウの生育期、朝晩広がる濃い霧が気候を穏やかにしている。持続可能な農法を採用したシルヴェラド・トレイル街道沿いの畑にはふくろうなどの猛禽類の巣箱があちこちに設置され、ソラマメ、ノエンドウ、大麦といったカバー・クロップに覆われている。凝縮感のある小粒なカベルネは濃厚なブラックフルーツの風味を持つワインとなる。以前はこの畑のブドウはシェーファーに販売していた。1995年にブドウを植え替え、2004年より自社ブランドでリリースし、ピーニャのカベルネの中でも大ヒット商品となる。
初ヴィンテージ:2004年。植え付け:1995年。植樹: 4498本。フレンチオーク100%で熟成19か月。

テイスティングコメント

ブラックチェリー、クロスグリのリキュール、モカ、スミレ、甘いバニラのむせかえるほど濃厚な香り。凝縮感のある豊かなボディの果実味溢れるワイン。なめらかな口当たり、砕いた岩を思わせるミネラルの風味、しっかりとしたタンニンは完熟フルーツの甘さで表情を和らげている。ボリューム感たっぷりの豪華絢爛たる味わい。後味の甘く香ばしい樽の風味が、驚くほどなめらかな余韻を残す。

相性の良い料理

牛肉や鹿肉などのジビエ

ページの先頭へ