アグリロゴマーク

エットーレ・ジェルマーノ・バローロ・ラッザリート・リゼルヴァETTORE GERMANO BAROLO LAZZARITO RISERVA DOCG

エットーレ・ジェルマーノロゴ エットーレ・ジェルマーノ
ETTORE GERMANO

1856年創立。自社栽培&醸造の礎を作った3代目の名前をワイナリーに冠しています。現オーナー、4代目のセルジオから完全にワイナリー元詰めになり、テロワール重視のシングルヴィンヤード・バローロや外国品種の高級ワイン生産に挑戦しています。
伝統と革新、二つの顔を合わせ持つセルジオ。生み出すワインはガンベロ・ロッソのトレ・ビッキエリを複数回獲得するなど、実力は折り紙付きです。
≪伝統=通好み!マニアックで重厚なバローロ≫
「マッサル・セレクション」で選び抜いたクローンを無農薬栽培。各畑のブドウの性質に合わせ大中小の樽を使い分けて醸造。
チョコレートの風味漂う力強いセッラルンガ・バローロはゆるぎない風格を誇ります。
≪新境地!外国品種の高級白ワイン&スパークリング≫
高地畑アルタ・ランガのリースリングの高級ワインやグリーンハーベストしたネッビオーロのスパークリング。斬新で誰もまねのできない新しいワインを生み出しています。

原産国イタリア 参考上代¥25,000
生産地域ピエモンテ JANコード8032665541934
地域/産地(格付)DOCGバローロ・リゼルヴァ 入数(1CS)6
味わい(甘辛)辛口 容量(ml)750
タイプ(ボディ)フルボディ アルコール度数14.5%
飲み頃温度16~18℃
栓の仕様コルク ヴィンテージ2012
ケースサイズ(mm)幅315 高さ165 奥行245 ケース重量(g)8,000
単品サイズ(mm)幅70 高さ300 奥行70 単品重量(g)1,200
ブドウの品種 ネッビオーロ100%
平均樹齢 1931年に植え付け
樽熟成 2000L入りのボッティ・グランデ(大樽)で36ヶ月間熟成。
生産者webサイト http://www.ettoregermano.com/
受賞歴/評価 ガンベロ・ロッソ 3ビッキエリ (2012&2013VT 2年連続)
ワイン・エンシュージアスト96点、ヴィノスVinous Antonio Galloni89点、ビベンダBibenda 5 Grappoli (2011~2014VTまで連続4回、最高評価の5グラッポリi獲得!)
【記事】
Wine Enthusiast96点
トリュフ、森の下草、野生のベリー、刻んだハーブ、新しい革の魅力的な香り。しっかりと構成、エレガントでありながら、パワーみなぎるフルボディ。気品のあるタンニンの背後からジューシーなブラックチェリー、刻んだラズベリー、カンゾウ、エキゾチックスパイスの風味があふれだしてきます。
飲み頃:2020〜2032年。 By Kerin O’Keefe
認証

セールスコピー

バローロの最高峰として君臨する銘醸畑、ラッザリート。
非常に古い畑であるにも関わらず(1931年植え付け)、ブドウの樹は活力にあふれ非常に健康で、ネッビオーロの傑出した繊細さ、緻密な構成、力強さを兼ね備えた、言葉を失うほど優美な伝統のシングル・ヴィンヤード・バローロです。(ブルゴーニュに例えればグランクリュ・クラス。)

栽培・醸造

栽培: 無農薬の統合農法。実質、有機栽培であるが有機認証は受けていません。
畑の標高;標高320~360m。南西向きの0.8㏊の畑。
土壌: 僅かに砂の層を含む石灰質泥灰土
収穫: 10月中旬。手摘み。
醸造:
ブドウを傷めないように小さなプラスチック製のかごに入れ、素早くセラーへ搬入。除梗後軽く破砕し、25℃に調整した横長のステンレスタンクで30日間の浸漬、25日間の発酵。天然酵母使用。液循環は毎日、液抜き静置は適宜行い、タンニンや色素の抽出を促進。圧搾後に乳酸発酵、その後2000L入りのボッティ・グランデ(大樽)で36ヶ月間熟成。目の粗いフィルターを用いて軽くろ過、アイシングラス(魚由来のゼラチン)で清澄。瓶詰め後、更に24ヶ月間熟成。
分析データ:
残SO2;84 mg/l
年間生産本数: 5,500本

テイスティングコメント

明るいオレンジのきらめきを持つ濃いガーネット・レッド。レッドベリーのフレッシュなアロマには甘いスパイスとカンゾウのニュアンス。ビロードのようになめらかな舌触りには素晴らしいエレガンスが感じられ、タンニンの甘さが長い余韻を残します。

相性の良い料理

赤身肉のステーキやジビエ、熟成チーズなど本格的なディナーにふさわしい逸品です。

ページの先頭へ