アグリロゴマーク

エットーレ・ジェルマーノ・バローロ・チェレッタETTORE GERMANO BAROLO CERRETTA DOCG

エットーレ・ジェルマーノロゴ エットーレ・ジェルマーノ
ETTORE GERMANO

1856年創立。自社栽培&醸造の礎を作った3代目の名前をワイナリーに冠しています。現オーナー、4代目のセルジオから完全にワイナリー元詰めになり、テロワール重視のシングルヴィンヤード・バローロや外国品種の高級ワイン生産に挑戦しています。
伝統と革新、二つの顔を合わせ持つセルジオ。生み出すワインはガンベロ・ロッソのトレ・ビッキエリを複数回獲得するなど、実力は折り紙付きです。
≪伝統=通好み!マニアックで重厚なバローロ≫
「マッサル・セレクション」で選び抜いたクローンを無農薬栽培。各畑のブドウの性質に合わせ大中小の樽を使い分けて醸造。
チョコレートの風味漂う力強いセッラルンガ・バローロはゆるぎない風格を誇ります。
≪新境地!外国品種の高級白ワイン&スパークリング≫
高地畑アルタ・ランガのリースリングの高級ワインやグリーンハーベストしたネッビオーロのスパークリング。斬新で誰もまねのできない新しいワインを生み出しています。

原産国イタリア 参考上代¥15,000
生産地域ピエモンテ JANコード8032665540821
地域/産地(格付)バローロDOCG 入数(1CS)6
味わい(甘辛)辛口 容量(ml)750
タイプ(ボディ)フルボディ アルコール度数15%
飲み頃温度16~18℃
栓の仕様コルク ヴィンテージ2009
ケースサイズ(mm)幅315 高さ170 奥行250 ケース重量(g)8,600
単品サイズ(mm)幅75 高さ305 奥行75 単品重量(g)1,300
ブドウの品種 ネッビオーロ100%
平均樹齢 1949、1963、1995年に植え付け
樽熟成 700L入りの内側を焦がしていないトノー(中樽)で24ヶ月間熟成。
生産者webサイト http://www.ettoregermano.com/
受賞歴/評価 Wine Advocate 94点、 Wine Enthusiast93点、 Stephen Tanzer92点、 Vinous92点
Decanter90点、 Jancis Robinson17点/20 Superior
【記事】
Robert Parker's Wine Advocate 94点
たっぷりとした果実味の層に入り混じるスパイス、タバコの風味。2009年は温暖な年で、ブドウは完熟しソフトな果実味にあふれていました。しっかりとしたタンニンの枠組みの中にフルーティーなコクを封じ込めた、非常に優れた職人技を感じさせるワイン。
飲み頃;2016~2028年。(2013年6月)

Wine Enthusiast 93点
セッラルンガ村にある注目すべきワイナリー。ローズとバイオレットのクラシックなアロマの中にトリュフとキノコの素朴な土の香りが漂います。熟した甘みたっぷりのブラックチェリー、ホワイトペッパー、カンゾウの風味、そしてスケールが大きくまろやかなタンニンにあふれた味わい。将来有望なヴィンテージで、現在も十分楽しめますが、今後数年で更に進化しょう。(2013年9月)

Stephen Tanzer's International Wine Cellar 92点
ミディアムレッドの色合い。チェリー・ドロップの香りに甘いバターのニュアンス。甘いレッドフルーツの力強くエネルギーに満ちあふれた風味には、この素晴らしいヴィンテージの特徴であるまろやかさと甘さも感じられます。エントリーレベルのバローロに比べるとよりフレッシュでピュア、後味はジューシーで、甘いタンニン、スモーキーでタールのニュアンスを持った素晴らしい余韻が特徴です。(2013年12月)

Vinous 92点
チェレッタはプラポよりもはるかにオープンで魅力的、しかも十分な構成を持っています。
プラム、ブラックチェリー、ミント、スパイス、カンゾウの風味を、セッラルンガらしいクリーミーで官能的なスタイルに仕上げています。 鉄、タール、スモーク、焼けて黒くなった土の風味が後味を締めくくります。(2013年10月)

Decanter 90点
ストロベリー、ブルーベリー、甘いスパイスとほんのりスモーキーなニュアンスがある豊かな香り。フルボディでジューシーなダークフルーツのフレーバーを持つ魅力的な味わい。素晴らしい構成の良く出来たワイン。現時点ではやや硬いですが、上質なタンニンはすばらしい果実味により和らげられています。(Panel Tasting2013年8月)

Jancis Robinson17点/20 Superior
セッラルンガのワイナリー。オレンジがかった濃厚なルビー色。甘く凝縮されたストロベリーの風味にはフルーツケーキのニュアンスが感じられ、完璧にバランスの取れた酸味と、有名な“セッラルンガ・タンニン”が続きます。 一見親しみやすい味わいですが、大変長寿なワインです。(WS – Walter Speller、2013年6月)
認証

セールスコピー

ジェルマーノ・ファミリーは、セッラルンガ・ダルバの最も重要な銘醸畑「チェレッタ」を165年前より所有しており、現在ワイナリーの建物はチェレッタの畑の中にあります。
プラポとチェレッタの畑は隣接していますが、ワインにははっきりとした違いがあります。チェレッタはよりしっかりとした構成で、セッラルンガ特有のダークチョコレートの風味が強調され、サンダルウッド、タバコの風味も漂います。素晴らしい熟成が期待できる長寿でクラシックなシングル・ヴィンヤード・バローロです。(ブルゴーニュに例えるとプルミエクリュ・クラス)

栽培・醸造

栽培: 無農薬の統合農法。実質、有機栽培であるが有機認証は受けていません。
畑の標高;標高350~400m。南東向きの3.2㏊の畑。
土壌: 粘土と高濃度の活性石灰を含む石灰岩
収穫: 10月中旬。手摘み。
醸造:
ブドウを傷めないように小さなプラスチック製のかごに入れ、素早くセラーへ搬入。除梗後軽く破砕し、25℃に調整した横長のステンレスタンクで45日間の浸漬発酵。天然酵母使用。よ液循環は毎日、液抜き静置を適宜行い、タンニンや色素の抽出を促進。圧搾後に乳酸発酵、そその後700L入りの内側を焦がしていないトノー(中樽)で24ヶ月間熟成。年数や経歴の様々な古樽を使用。目の粗いフィルターを用いて軽くろ過、アイシングラス(魚由来のゼラチン)で清澄。瓶詰め後、更に12ヶ月間熟成。
≪分析データ≫
残SO2; ?mg/l
年間生産本数: 18700本(750ml換算)

テイスティングコメント

オレンジ色のかすかなきらめきがあるガーネット色。完熟レッドフルーツやドライフルーツの濃厚な香りの中からほのかなバニラ香が漂います。 2年ほど経過したものはレザーやタバコ、ブラックカラントのニュアンスも感じられます。豊潤でコクのある味わいで、樽熟成によりこなれたエレガントで心地よいタンニンが口いっぱいに広がります。素晴らしい風味と味わいの構成を誇る伝統的バローロ。

相性の良い料理

風味豊かでスパイシーな、または重厚な肉料理(ジビエ)、熟成した濃厚な味わいのチーズと。
また食後酒として、ワインの繊細なアロマと風味のニュアンスをお楽しみください。

ページの先頭へ