アグリロゴマーク

ラ・コロンビーナ・パルピトLA COLOMBINA

ラ・コロンビーナロゴ ラ・コロンビーナ
LA COLOMBINA

La Colombinaは、所有畑約5haの小さなファミリー・ワイナリー。モンタルチーノ最南端の街、カステルヌオーヴォ・デッラ・バーテにある4つの畑のテロワールは、日当り、標高、風通し、マイクロクライメートによってそれぞれ異なる特徴をブドウに与えています。温暖なエリアで完熟した、健康で香り高いブドウから、重厚感のある上質なワインが生み出されています。
もともとはワイン醸造のための設備機器の販売をしていたカセッリ家は、1997年より自社元詰めワインの販売を始め、本格的なトスカーナ・ワインを大変良心的な価格で提供しています。

ラベルやキャップシールに配された「城と2匹のライオン」の紋章は、美しく上品なブルーが大変一目を惹きつけ、贈答用としても喜ばれています。

原産国イタリア 参考上代¥2,800
生産地域トスカーナ JANコード8032993345815
地域/産地(格付)IGTトスカーナ・ロッソ 入数(1CS)12
味わい(甘辛)辛口 容量(ml)750
タイプ(ボディ)ミディアム~フルボディ アルコール度数14.0%
飲み頃温度16~18℃
栓の仕様コルク ヴィンテージ2018
ケースサイズ(mm) ケース重量(g)
単品サイズ(mm) 単品重量(g)
ブドウの品種 サンジョヴェーゼ・グロッソ34% 、カベルネ・ソーヴィニヨン33%、メルロー33%
平均樹齢
樽熟成 オークの小樽で12~15ヶ月間、その後バリックで短期間熟成。
生産者webサイト https://www.lacolombinavini.it/
受賞歴/評価
認証

セールスコピー

スーパー・トスカーナ・クラスの飲みごたえ十分で本格的な味わい、なのに価格は相場の半分ほど!胸をときめかせて味わいたいコストパフォーマンス抜群のワインです。
名前の由来: パルピトは“心臓の鼓動⇒ときめき”を意味します。
ラベル・デザイン; ハートをかたどったブドウ畑の図案

栽培・醸造

原産地: IGTトスカーナ・ロッソ
モンタルチーノ村の最南端に位置するカステルヌオーヴォ・デッラ・バーテ地区
ブドウ品種: 自社畑産ブドウ使用
サンジョヴェーゼ・グロッソ34% 、カベルネ・ソーヴィニヨン33%、メルロー33%
ブドウ畑: 標高200〜400m、密植率:5500 本/ha、平均収穫量:8000kg/ha
収穫:ブドウが最高に熟したタイミングを見計らい、畑ごとに手摘みで収穫。
醸造:
ステンレス・タンクで長期浸漬、発酵。その間、浮きあがった果帽を残し、果汁のみを別容器に移し、果皮や種子を数時間空気に触れさせて酸化させ、再び果汁を戻し入れる作業、ルモンタージュ(液循環)とデレスタージュ(液抜き静置)を行います。小さなオークの樽で12~15ヶ月間、その後バリックで短期間熟成。瓶詰め後、更に4~5ヶ月の瓶内熟成。
≪分析データ≫

テイスティングコメント

鮮やかなレッド・カラー。熟したレッドベリープラム、甘酸っぱいチェリーの香り。口当たりはやわらかく、フレッシュ感あふれるジューシーな果実味、タバコやドライハーブ、スギを思わせる複雑な風味と、完熟したソフトなタンニンにあふれています。凝縮感のあるしっかりとしたコクがありながら、決して重すぎず、鮮やかな果実味が次の一口を誘う満足感あふれる1本です。
飲み頃:5~10年後くらいまで

相性の良い料理

パスタやパエリア、リゾットなどコメ料理、香り高いキノコ、サラミやハム、ラム、ポーク、ビーフなど赤身肉のシチューやロースト、熟成したチーズと。

ページの先頭へ