アグリロゴマーク

パイティン・バルバレスコ・セッラボエッラ【限定品】PAITIN BARBARESCO SERRABOELLA

パイティンロゴ パイティン
PAITIN

ピエモンテ州クーネオ県ネイヴェの村にエリア・ファミリーが移り住んだのは1642年のことでした。一家は瞬く間に村で一目置かれる存在となりました。
1796年には一家の所有地は拡大、その中にはネッビオーロの畑の最高の区画も含まれていました。
セッラボエッラと呼ばれるその一画に、現在のパイティンのワイナリーと所有畑があります。
ジュゼッペ・エリアは1800年代後半、醸造方法革命の一端を担った人物である。1893年、“バルバレスコの父”と称されるドミツィオ・カヴァッツアの指導のもと、ジュゼッペは自ら育てたネッビオーロのワインを“バルバレスコ・デル・ブリッコ・ディ・ネイヴェ”と名付けました。
1938年、ファミリーはワイン造りを一旦いったん止めています。当主と継息子が相次いで亡くなったからであります。しかし1948年、戦後の混乱期であったにもかかわらず、パスケロ・エリア2世がファミリーの再興を成し遂げたのでした。
そして現在、9世代目の子孫が、セッラボエッラが誇る自社ブドウからプレミアム・ワインを造り続けています。

※ACCREDIAの有機認定の内容に沿ったVALORITALIA発行のオーガニック認証(ブドウ、ワイン醸造ともに)を受けています。

原産国イタリア 参考上代¥6,800
生産地域ピエモンテ JANコード4560474981824
地域/産地(格付)バルバレスコDOCG 入数(1CS)12
味わい(甘辛)辛口 容量(ml)750
タイプ(ボディ)フルボディ アルコール度数14.0%
飲み頃温度
栓の仕様コルク ヴィンテージ2015
ケースサイズ(mm)幅490 高さ180 奥行310 ケース重量(g)17,200
単品サイズ(mm)幅75 高さ300 奥行75 単品重量(g)1,400
ブドウの品種 ネッビオーロ100%
平均樹齢 1988~1995 年に植樹
樽熟成 スラヴォニア産オークの大樽
生産者webサイト http://www.paitin.it/
受賞歴/評価 Wine Spectator 94 point
認証

セールスコピー

年間生産本数:12,000 本

栽培・醸造

アルコール醗酵は横長ステンレスタンクで土着酵母とともに26-28 ℃で14日間行います。 MFが起こる前に、クロアチア、スラヴォニア産オークの大樽 (30HL-50HL)に移し、18ヶ月以上熟成。 その後ステンレスタンクで2ヶ月休ませ、ボトリング。 フィルターなし、清澄なし。天然酵母使用のみ。
ネイヴェ村のセッラボエッラは、セッラヴァリアーノ地層とトルトニアーノ地層が混ざる珍しい組み合わせの丘陵地帯。非常に稀な土壌で、バルバレスコのロカリエ、バローロのカンヌビに見られるくらい。 この土壌の結合により、非常に長期の熟成が可能になります。

ページの先頭へ