アグリロゴマーク

ジョセフ・ブリエ / シャトー・ボールガール

ブルゴーニュ南部のブドウ栽培家として5世紀に渡る歴史があります。
ブリエ家はブルゴーニュ南部のブドウ栽培家として500年以上存在していて、ドメーヌであるシャトー・ボールガールは6世代目になります。現当主はフレデリック・マール・ブリエ。
ブドウ畑は土壌と根が成長しやすいような環境を第一に考え耕作されています。畑での手入れとブドウの品質は、タンクあるいは樽でのゆっくりとした自然な醸造につながり、それらの過程の全てが一重にテロワールを表現することにつながっているのです。

43ha所有するブルゴーニュ南部では異例とも言える広さの自社畑を持つドメーヌである
シャトー・ド・ボールガールとドメーヌ・ジョセフとジョルジュ・ブリエはプイィ・フュイッセ22ha、サン・ヴェラン7ha、ボジョレーのクリュ、フルーリーとムラナヴァン、モルゴン、サン・タムールとシルーブルで12haを含むブルゴーニュ南部では主要なドメーヌです。1872年依頼、自社畑と醸造所
“メゾン・トゥルニソー”をフルーリー(ポンシエ)に所有しています。
ここでは一部、上質の赤ワインを醸造しています。
ジョセフ・ブリエはシャトー・ボールガールとドメーヌ・ブリエ、他に“セレクション・ド・ジョセフ・ブリエ”として自社ワインと同じ哲学 “テロワールの表現”という考え方に従い、良いブドウやワインを他の栽培家より調達、醸造し、これらを全世界に販売しています。ジョセフ・ブリエはシャトー・ボールガールとドメーヌ・ブリエ、他に“セレクション・ド・ジョセフ・ブリエ”として自社ワインと同じ哲学 “テロワールの表現”という考え方に従い、良いブドウやワインを他の栽培家より調達、醸造し、これらを全世界に販売しています。

ボールガールの名前はドメーヌのある場所に由来する。
ドメーヌはプイィ-・フュイッセのブドウ畑の真ん中、高原のブドウ畑の中にポツンとあります。そこからはロッシュ・ド・ソリュートレ山(画像向かって左側)とロッシュ・ド・ヴェルジソン山(画像内向かって右)を背に受け、プイィ村とフュイッセ村を見渡せるという、素晴らしいロケーション。そこから美しい(Beauボー)、見る、視線(Regardルガール)という名前が来ているとか。

Line Up / 商品一覧

Images / 画像素材

ジョセフ・ブリエ / シャトー・ボールガールの画像素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はジョセフ・ブリエ / シャトー・ボールガールに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ