アグリロゴマーク

シャトー・ラ・コマンドリー・ド・ケレ

シャトーの歴史は長く、13世紀にエルサレムの聖ヨハネ騎士団の領地(Commanderie)であったことがその名の由来です。

13世紀の修道兵達はワインの知識も豊富で、テロワールを見極めて、領地でも最適と思われる場所にブドウ畑を開墾しました。中世当時の建物は残っていませんが、現当主クロード・コマン氏は1884年にこの地を再興した人物の子孫です。シャトーはサン・タントワン・ド・ケレという村にあり、多くのワインを産出するボルドー地方の中でも広大な産地のひとつ、アントル・ドゥー・メール地域 (2つの川の間にあることに因んだ名前)にあります。川沿いの起伏のある谷間の傾斜がもたらす地形が、ワインに素晴らしい特色をもたらします。土壌は星状光彩のたんぱく石の入った石灰石を主体に、粘土と風により堆積したクリーンな泥土が混じりあっています。

当主クロード・コマンは先人の伝統を尊重しながら、近代的な技術を取り入れる術を心得ています。

妻のシモーヌは生まれつきの才能で販路を拡大し、その情熱は彼らの娘シルヴィに受け継がれています。セラー・マスターはシャルル・アンリ・ビッソン。また2005年に採用されたアレクサンドル・デュボは販売において経験豊富で、フランス国内から輸出業務までを一手に任されています。優秀な人材が集結し、生み出されるワインはパリ&ボルドー両コンクールにおいて高く評価されています。

Line Up / 商品一覧

画像・POP等

シャトー・ラ・コマンドリー・ド・ケレの画像・POP素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はシャトー・ラ・コマンドリー・ド・ケレに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ