アグリロゴマーク

ルシャレル

スペインで初めてビオディナミ農法を導入したパイオニア!

カタルーニャ地方・DOペネデスにある有機&ビオディナミ栽培のワイナリー。もともとはブドウを他のワイナリーに販売していましたが、4代目のジョセップ・ミチャンは16歳からワイン造りの経験を積み、低価格なブドウの大量生産をやめることを決断。1987年にルシャレル・ブランドを立ち上げ、様々なスタイルのワイン造りを体得。有機栽培やビオディナミ農法に本格的に取り組み始めました。目が覚めるようにフレッシュで若々しい個性あふれるルシャレル・ワインは、バルセロナのバルでも大いに人気を博しています。

ペネデスは“チャレ・ロ ・トライアングル”と呼ばれている。ワイナリー名の由来ともなっているチャレ・ロ(XAREL.LO ⇒ LOXAREL *ルシャレル=チャレ・ロの語順を倒置した造語)は、地元を代表する白ブドウ品種。ルシャレルの全てのスパークリングワインの主要原料となっている。

現在、セールス担当の妻テレサと、輸出担当のクリスティーナ・バケが最高のチームワークでワイナリーを運営している。一方ジョセップは、アンフォラを使用した古代のワイン造りを再現したり、絶滅寸前の地元ブドウをリバイバルさせるなど、ユニークな取り組みを精力的に行っている。

スタイリッシュなルシャレルのワインは、世界一のレストランに輝いた”エル・セジェール・デ・カン・ロカ”(バルセロナ近郊ジローナ)にもオン・リストされている。

◆ビオディナミ農法
化学薬品や化学肥料に頼らず、生物の潜在的な力を引き出し、土壌に活力を与えて作物を育てる農法。星の動きに則した農作業を行い、自然物質から生成された調合剤プレパラシオン(主原料はヤギの角)を使用する。
自社畑は面積50ヘクタール、全てビオディナミ農法が採用されている。 また、生育期のブドウ畑にヤギ、ヒツジを放牧。未熟な青いブドウにはブドウ糖が含まれないため、ヤギやヒツジはブドウをよけて周辺に繁った余分な葉だけを食べてくれる。ブドウへの日照や風通しが良くなり、殺虫剤も使用する必要がない。

◆ルシャレル ワインの特徴
(1)果実の風味
樽香は控え目。フレッシュさと、ブドウ品種特有の風味を重視。
(2)国際的なブドウ品種の栽培
標高500メートル以上のペネデスで最も涼しい畑で、ピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、といった高級品種を栽培。
(3)長期熟成スパークリング
最低15ヶ月は熟成。
(4)地元のブドウ品種「チャレ・ロ」
地元を代表する白ブドウ品種チャレ・ロ。ルシャレルの全てのスパークリング・ワインの主要原料。ワイナリー名の由来でもある。
XAREL.LO ⇒ LOXAREL *ルシャレル=チャレ・ロの語順を倒置した造語

Line Up / 商品一覧

Images / 画像素材

ルシャレルの画像素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はルシャレルに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ