アグリロゴマーク

セリェル・マスロッチ

カタルーニャ地方の小さな産地モンサンで、100年の伝統を誇る老舗ワイナリー。抽象画のような美しいラベルも注目の的!

1917年設立。DOモンサンを代表する人気ワイナリー。赤い粘土質土壌(マスロッチ=”赤い土地”の意)から、風味豊かでユニークな安定した品質のワインを生み出し、抽象画のような美しいラベルと合わせて、国際的に高い評価を受けています。オーガニック・ワインのフェレストも新登場!

セリェル・マスロッチは1917年の設立。改革を重ねながら発展し続け、現在ではスペイン・カタルーニャ地方プリオラート州のDOモンサン(2001年制定されたDO)で最も有名なワイナリーの一つとなっています。

モンサン南西部のエル・マスロッチ村は、標高50~300m。ローム、スレート、粘土、石灰岩など多様性に富んだ複雑な土壌を持っています。 ”マスロッチ”とはカタルーニャ語で”赤い土地”の意で、独特の赤色粘土を指す名前です。乾いた石ころだらけの赤い大地に広がるブドウ畑とオリーブ畑が、1000年以上も前から続くこの地の典型的風景です。乾燥した気候、酷暑の夏と極寒の冬・・雨はほとんど降らず、”メストラル”と”ガルビ”と呼ばれる風が常に吹き渡り、夕焼け空は大地と同じ色、つまり燃えるような真っ赤に染められます。それはこの地方特有の美です。
乾ききった赤い空と大地のもとで育つブドウは、地中奥深くまでたくましく根を伸ばし、風味豊かで個性的な味わいのワインを産み出すのです。

ガルナッチャとカリニャンはどちらもカタルーニャが誇るブドウですが、気温が高いモンサンではカリニャンが最重要品種です。 “丹精こめて世話を続けて行けば、歳月がブドウを育ててくれる” という地元の諺どおり、カリニャンは樹齢を重ねるにつれて活力が満ちる品種で、老木は小さな細かい果実にすべての力を凝縮させます。良きものは、じっくりと待てる人のもとにやってくるのです。 マスロッチのワインは世界20ヶ国以上に輸出され、ワイン・スペクテイターやデキャンタ、IWC、ギア・ペニン等から高い評価を受けており、赤い粘土の地層をモチーフにした抽象画のようなラベルの美しさも、絶賛されています。

Line Up / 商品一覧

画像・POP等

セリェル・マスロッチの画像・POP素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はセリェル・マスロッチに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ