アグリロゴマーク

バディア・ディ・モローナ

トスカーナ州の最重要産地ピサ県テリッチョーラ村のトップ・ワイナリー

1939年にガスリーニ=アルベルティ公爵家DUCAが修道院(バディア)だった地所
及び建物を買い取り、ピサでトップの評判を誇る造り手となりました。
醸造責任者はジョルジョ・マローネ氏(写真左)。サッシカイア、ティニャネロ、ソライアを
世界に知らしめたスーパー・タスカンの父、ジャコモ・タキス氏(2016年没)が彼の才能
に惚れ込み、1988年後継者としてヘッドハンティングしました。タキスはアンティノーリ
社を退職する1992年までの4年間、ジョルジョと寝食を共にし徹底的に教え込みました。
その後タキスと共にコンサルタント・チームのチーフ・エノロゴとしてトスカーナで活躍し
ました。

【ワイナリー概要】
1939年以来、バディア・ディ・モローナは企業家アルベルティ家の下で運営されてきま
した。ブドウ畑では大々的な植え替えが行われ、ワイン生産には常に最先端技術を導入、
セラーもリフォーム、拡張されて新しい大小の樽が据え付けられました。アグリ・ツーリズモのための5つの施設、レストランを備え、様々なイベントやセレモニーで使用可能な1089年建設の伝統ある修道院も残されています。アルベルティ家が経営する広大な農園は、面積600 haのうち110haはブドウ畑、40haがオリーブ畑、残りは穀物畑と森林です。
ワイナリーは、ガスリーニ・アルベルティ家の起業家としての情熱とプロフェッショナリズム
を垣間見せる様々な設備を備えています。

Line Up / 商品一覧

画像・POP等

バディア・ディ・モローナの画像・POP素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はバディア・ディ・モローナに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ