アグリロゴマーク

ベーレンス・ファミリー・ワイナリー

伝説のナパ・ガレージ・ワインが遂に日本へ!
ブティックワイナリーの少量生産ゆえ、米国内でのメーリング・リストとレストラン、ワインショップで全て完売!正規蔵出しでは日本初輸入!

ベーレンス・ファミリー・ワイナリーは本物の“ブティック・ワイナリー”です。北カリフォルニア・フンボルト郡アルカタの人気レストランFolie Douce(フォリー ドゥース)を経営していたレス・ベーレンスとリサ・ドリンクワードが、常連客の会計士ジョー・ボブ・ヒッチコックと始めたジョイント・ベンチャー、ベーレンス&ヒッチコックという伝説のガレージ・ワイナリーが起源です。
1993年、Behrens&Hitchcockラベルで175ケースのワインを初リリース。この彗星の如く突然現れたワイナリーをロバート・パーカーJr.が1997年にワイン・アドヴォケイト誌で紹介した事で、センセーションが巻き起こりました。その後も数々の賞賛を浴びたことでコレクターに知れ渡り、あっという間に入手困難なワインとなったのです。
夫妻が所有するワイナリーはナパ・バレーのスプリング・マウンテンの頂上にあります。年間6〜7種のワインを小ロットで生産。ワインは1本1本丹精を込めた手造り感あふれるもので、ブドウは容量1トンの圧搾機でプレス、手作業で櫂入れ、丁寧に樽に移され精製ろ過されることなく瓶詰めされます。 収穫期のレスとリサの手を見れば、本当に「手作り」されていることが実感できるはずです。夫妻は、小規模で個性が光る収穫量の少ないブドウ畑に惹かれ、信頼のおける親しい仲間、夫妻同様何よりも品質に対するこだわりの強い仲間と共に働いています。夫妻にとって主役はブドウ畑、そしてワイン自らに大いに語らせることが全てだからです。

アート・ラベルについて
芸術を愛するベーレンス夫妻。強烈なインパクトのワインラベルにもそれが反映されています。 アート・ラベルは常に夫妻に関連することや夫妻の思いを表しています。オーウェン・スミス氏のインスピレーションあふれるイラストを採用した理由は、”小さなラベルに縮小されてもその高い芸術性はいささかもその魅力を損なわない”と確信したからです。

【レス&リサ夫妻とワイナリーの歴史】
ジャージー・ボーイ&カリフォルニア・ガール
レス・ベーレンスは生粋のジャージーっ子。少年のころ家族と共にカリフォルニアに移住しました。一方、リサ・ドリンクワードは南カリフォルニア生まれ。二人は1987年、結婚。 食とワインへの情熱という共通点を持った二人は1991年、“フォリー・ドゥース・レストラン”を開店しました。リサがシェフとしてクリエイティブな才能を発揮する一方、レスはソムリエ兼バイヤーとして、舌を研ぎ澄ませていきました。二人のワインへの情熱は留まることを知らず、吟味に吟味を重ねたレストランのワインリストは、ワイン・スペクテイターの優秀賞を受賞したほどです。
ワインへの燃え盛る情熱と、友人かつ師匠でもあるエド・オリビエラからの勧めで、二人は1993年、購入した3トン半のブドウを購入しワイン造りを開始。後にボブ&リリー・ヒッチコック夫妻がワイナリーの経営と財務管理を請け負うようになり、ベーレンス&ヒッチコック・ワイナリーが正式に誕生しました。
レストランとワイナリー経営を4年間両立させた後、レスとリサは1997年に“フォリー・ドゥース”を売却、フルタイムでワイン生産に取り組むためにナパ・バレーに移住しました。

レスはワイン造りの正式な訓練を受けていません。しかしベーレンス&ヒッチコック創業以来ただ一人のワインメーカーであり、すばらしい勘と確かな味覚を武器に独自のワイン・スタイルを築き上げたのです。一方リサはワイン造りのあらゆる面に関わっていますが、特に栽培、収穫の管理を担当しています。
2005年、ボブ&リリー夫妻が引退の意向を示し、リサとレスはスプリング・マウンテン・ワイナリーのヒッチコック夫妻の株を買い取り、現在のベーレンス・ファミリー・ワイナリーをスタートさせました。
初期のブランド名エルナ・シェインErna Scheinとは、周囲の人から大変親しまれていたレスの母親の名です。エルナの友情やおもてなしの心にあふれた温かい家庭、その雰囲気をワイナリーで再現したいとの思いからです。エルナはペストリー職人だった母親譲りの素晴らしいパン職人で、エルナ・ブランドの“キッチン・エイド”というワインのラベルは『友情を育むためには、おいしい食事やワインを共に囲むに尽きる』ということを思い出させてくれます。

純粋なファミリー・ワイナリーであるベーレンスでは、現在、レスの長男ショーンがアシスタント・ワインメーカーとして、孫のイーサンもセラーで醸造に携わっています。また優秀なスタッフたちも長年勤続してワイナリーを支えてくれています。

【スタッフ紹介】
レス・ベーレンス Les Behrens
レスはワインメーカーという職業に就く前に多くの仕事を経験した。初期の経歴の中には、墓地の墓堀人などというものもある!また創造性あふれた熟練の木工職人として、浴桶、デッキ、キャビネット等を手がけ、“木の魔法使い”の異名も持っていた。ワインへの強い情熱からワイン造りへの探求心を抱き始めたのはレストラン経営者をしていたころである。レスは創業以来、Behrens&Hitchcockのワインメーカーを務め、Behrens Family Wineryで今も人生の冒険を続けている。

リサ・ドリンクワード Lisa Drinkward
リサは16歳の時に南カリフォルニアの“ヴィンヤード・ワイン&チーズ・デリ”で働いていた。これが料理とワインのキャリアのスタートだった。学生時代レストランでアルバイトをした経験から、レストラン開業という夢を持ち、1991年に夫レスとともに“フォリー・ドゥース”をオープン。セント・ヘレナに移ってからは、ナパ・バレー・カレッジでブドウ栽培コースを受講し、現在では“ブドウ畑の駐在員”とからかわれるほどいつも畑を歩きまわり、特に収穫期にはブドウの試食に余念がない。友人の醸造家フランソワーズ・ペションとともに自身のブランド“ドリンクワード・ペション(Drinkward Peschon)”も立ち上げ、果実味たっぷりのナパ・カベルネを生産している。

ショーン・ベーレンス Sean Behrens,
レスの息子。1998年にスプリング・マウンテンのワイナリー建設を手伝い、ナパ・バレーの建築業者として10年以上働いた後、2011年にワイナリーの生産スタッフとして経営に加わり、ファミリーの醸造の技を一から学んでいる。

シャッツィ・スロックモートン Schatzi Throckmorton
2000年より、ボブ・ヒッチコックの後をついでBehrens&Hitchcockの経営管理を引き継ぐ。2004年以降はワイナリーのゼネラル・マネージャーとしてBehrens Family Wineryを盛り立てる一方、彼女自身のワイナリーであるRelic Wine Cellarsも経営している。

ロビン・クーパー Robin Cooper
2003年の収穫時にインターンとして初参加。それが人生観を変える体験となり、ニューヨークからセント・ヘレナへの移住を決意。様々な小規模ワイナリーで働いていたが、広報及び顧客関係管理の部長として2006年当ワイナリーにカムバックした。

コニー・ウィルソン Connie Wilson
地元のワインショップで長年働いた後、2015年より事務補助として 入社。セント・ヘレナの家族経営の牧場に生まれ、プルーン、クルミ、ブドウの収穫を手伝っていた。
イタリア北部で暮らし働いた経験があり、その思い出と3人の息子達を非常に大切にしている。

アート・ラベル by オーウェン・スミス Owen Smith
現在、ファミリーがプロデュースしているユニークな名前のワインに合わせて夫妻が採用したのは、一目見たら忘れられない「スペシャリティ・ワインズ」と呼ばれるインパクト絶大なラベルです。サンフランシスコ在住のアーティスト、オーウェン・スミス氏のイラストはローリング・ストーン、スポーツ・イラストレイテッド、タイム、エスクァイア、ニューヨーク・タイムズなどの紙面に頻繁に登場し、ニューヨーク市地下鉄駅のモザイク壁画も大変有名です。また2005年にエイミー・マンのアルバムデザインでグラミー賞で最優秀レコーディング・パッケージ賞を受賞しています。

https://www.owensmithart.com/

Line Up / 商品一覧

画像・POP等

ベーレンス・ファミリー・ワイナリーの画像・POP素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はベーレンス・ファミリー・ワイナリーに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ