アグリロゴマーク

ドメーヌ アラン・モーリス・ガヴィネ

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)の栽培責任者だった初代、オノレ・ガヴィネ。
彼がニュイ・サン・ジョルジュに立ち上げたドメーヌを引き継ぐ4代目アレクサンドル・ガヴィネ。
ニュイ・サン・ジョルジュのテロワールをこよなく愛し、伝統的で力強いワインを生み出すドメーヌ。

【当主:4代目アレクサンドル・ガヴィネ】
創始者オノレ・ガヴィネは1920年までドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティに勤務。
栽培責任者として活躍した後、ニュイ・サン・ジョルジュに自身のドメーヌを立ち上げました。
2代目のモーリス(現当主の祖父)が1934年、ニュイ・サン・ジョルジュに1級畑シャブッフを入手。 末息子アランは14歳からモーリスの片腕として栽培、醸造に携わり、やがてコート・ド・ニュイに9haの畑を所有、ますますドメーヌを盛り立てました。
モーリスの死後、遺産相続のためドメーヌは3人の子供に3haずつ分割され、2009年に「ドメーヌ アラン・モーリス・ガヴィネ」が誕生します。

現在、当主を務めるのがアランの息子、4代目のアレクサンドルです。同年、幸運にもエシェゾーの区画を入手。 そしてクレマン・ド・ブルゴーニュをリリース。 流行にとらわれず、家族代々受け継がれてきた伝統的なブルゴーニュの畑、栽培、醸造方法を忠実に守ったワイン造りを心掛けています。

Line Up / 商品一覧

Images / 画像素材

ドメーヌ アラン・モーリス・ガヴィネの画像素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はドメーヌ アラン・モーリス・ガヴィネに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ