アグリロゴマーク

シャトー・ル・ブルデュー

ロバート・パーカー氏一押し、理想的なテロワールから生まれる馥郁たるワイン!

フランス屈指のワイン銘醸地、メドックのヴァレイヤック村近郊にある名門シャトー。
1932年の第一回目のクリュ・ブルジョワ分類にその名が登録されています。石、砂、粘土が堆積した“クロープ”または“クレスト”と呼ばれる独特の土壌と、ジロンド川の河口に位置しているのがシャトーの大きなアドバンテージ。メドックでは“川に近いほど良いワインができる” と言われているからです。川のおかげで1年を通してブドウ栽培に適切な温度や湿度のバランスが保たれ、温暖な気候はブドウをゆっくりと熟させ、質の高いワインが産まれます。

減農薬(リュット・レゾネ)農法のブドウは手作業で収穫。使用する樽も吟味。
丁寧な仕事の隅々に、醸造家であるギィ・バイィ氏の誠実な人柄が表れています。

これは素晴らしいクリュ・ブルジョワだ。弾けるようにフレッシュなベリー、スグリ、オレンジピールの非常にピュアでフェミニンなアロマ。しっかりした凝縮感がありながら過剰になることなく、オークの香りと溶け合うレッドフルーツの果実味がなめらかで官能的な印象を与えている。ブラボー!… 最低1本20~30ユーロする格付けシャトーの中で輝く、ぜったい試すべきダイアモンドである。 byロバート・パーカー

Line Up / 商品一覧

Images / 画像素材

シャトー・ル・ブルデューの画像素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はシャトー・ル・ブルデューに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ