アグリロゴマーク

エットーレ・ジェルマーノ

伝統と革新、二つの顔を併せ持つワイナリー!
力強い伝統のバローロ&新境地の高級白ワイン&スパークリング

1856年創立の家族経営ワイナリー。自社栽培&醸造の礎を作った3代目のエットーレ・ジェルマーノをワイナリー名に冠しています。現オーナー、4代目のセルジオから完全にワイナリー元詰めになり、テロワール重視のシングルヴィンヤード・バローロや外国品種の高級ワイン生産に挑戦しています。
伝統と革新、二つの顔を合わせ持つセルジオ。生み出すワインはガンベロ・ロッソのトレ・ビッキエリを複数回獲得するなど、実力は折り紙付きです。
≪伝統=通好み!マニアックで重厚なバローロ≫
「マッサル・セレクション」により選び抜いたクローンを無農薬栽培。各畑のブドウの性質に合わせ大中小の樽を使い分けて醸造。
チョコレートの風味漂う力強いセッラルンガ・バローロはゆるぎない風格を誇ります。
≪新境地!外国品種の高級白ワイン&スパークリング≫
高地畑アルタ・ランガのリースリングの高級ワインやグリーンハーベストしたネッビオーロのスパークリング。斬新で誰もまねのできない新しいワインを生み出しています。

【ワイナリー紹介】
1856年創業のファミリー・ワイナリー。4代目当主セルジオと妻のエレーナが栽培、醸造、販売まですべて管理する家族経営で、スタッフは総勢10名ほど。
セッラルンガ・ダルバの偉大な畑、チェレッタに150年前から畑を所有しています。

【ブドウ畑の特徴】
標高350m以上の急峻な丘陵畑(平地畑は皆無!)は全て南東~南西向き。
タナーロ川から上がってくる名物の霧(ネッビア)に下界がすっぽりと覆われていても、高台のブドウ畑は霧の上に頭を出し、太陽を燦々と浴びています。風通しも抜群です。
従って病害虫の被害がほとんどなく、昔から実質的なオーガニック栽培を続けています。
≪認証について≫
オーガニックではなくSQNPI(サステイナブル認証)を取得。
SQNPIとは、未来へ持続可能な農法=人間が自然と調和して作物を収穫し続けることを目標としており、必ずしも有機栽培にこだわらず、自然環境保護に重点を置いています。CO2 排出量抑制、従業員の適正な報酬や生活の質の向上、社会への貢献といった企業責任を認証します。フランスのH.V.E.やテラ・ヴィティスなどほかにも多くの認定団体があります
持続可能な農法の一例=
総合的病害虫管理(農薬でななく天敵等を利用しての害虫駆除)、天然肥料(おもに堆肥)のみを使用

【ワイナリーの歴史】
・1856年、初代フランチェスコ・ジェルマーノがブドウ栽培を開始。
・地元きっての接木師アルベルト(2代目)の代からワイン醸造とバルク販売開始。
・1950年代、同じく腕利きの接木師だったエットーレ(3代目)が「マッサル・セレクション」(※畑に良く適合した優れた苗木を数種選び台木に接ぎ木して育てる方法)を導入して畑の植え替えを促進。ドルチェット、バルベーラ、ネッビオーロなど地元品種を、1haあたり4000本以上の割合で密植。周辺の畑を買い足して、現在のワイナリーの礎を築く。
エットーレ・ジェルマーノがワイナリーの名前となる。
・1990年代、現オーナーのセルジオ(4代目)がワイナリーを受け継ぎ、バローロ全体の変革期の中で、外部コンサルタントに頼らず、自力で栽培醸造を管理。1993年より完全に自社瓶詰め・販売に舵を切る。
テロワールを重視した伝統のシングル・ヴィンヤード・バローロの生産を目指す一方で、シャルドネやメルロー、リースリングといった外国品種にも挑戦。上質な白ワインやスパークリングワインでも知られるようになる。

【現オーナー、セルジオ・ジェルマーノについて】
エットーレの息子(4代目)。1990年よりワイナリーを引き継ぎました。伝統と革新、二つの顔を合わせ持ち、生み出すワインはガンベロ・ロッソのトレ・ビッキエリを複数回獲得するなど、その実力は折り紙付きです。
≪伝統=通好み!マニアックで重厚なバローロ≫
最もタニックで長寿型といわれるセッラルンガ村のバローロ。ジェルマーノ家では畑に合わせ徹底的に選び抜いたクローンのブドウを使用、醸造には大中小、様々なサイズの樽を使い分けるなど、伝統的な製法にマニアックな現代技術と分析を取り入れています。
生み出されるのは、セッラルンガ・バローロ特有の石灰質土壌から生まれる力強さ、堅固な構成を持つ長期熟成型の重厚なバローロです。通好みではありますが、テロワールがもたらす独特のチョコレートの風味漂う洗練された味わいは広くバローロ初心者にも愛されています。
≪新境地!外国品種の高級白ワイン&スパークリング≫
白ワイン好きでもあるセルジオは、1995年シャルドネ、リースリング、ピノ・ネロを植えるためアルタ・ランガ地方チリエ村)を白ワイン産地として開発。標高450m以上の最も高地の畑では、酸度の高いスプマンテ用のブドウを栽培しています。2004年にはネスケッタというバローロ南西部の固有品種も植え付けしています。
≪アルタ・ランガ地方について≫
標高350~550mと名の通り(アルタ=高いの意)の高地畑。風通しがよく涼しい気候と白い石ころだらけの石灰質土壌。
2011年、スパークリングワインの新しいDOCGアルタ・ランガ制定。

※エットーレ・ジェルマーノのHP翻訳=ファイル添付もご参照ください。

Line Up / 商品一覧

画像・POP等

エットーレ・ジェルマーノの画像・POP素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はエットーレ・ジェルマーノに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ