アグリロゴマーク

テヌータ・ディ・アルチェーノ

キャンティ・クラシコ地区最南端の歴史あるワイナリー。”マイクロ・クリュ”哲学が生み出すリッチでふくよかな”最もシエナらしいキャンティ・クラシコ!”

テヌータ・ディ・アルチェーノはイタリア、トスカーナ地方のキャンティ・クラシコ地区最南端の村、カステルヌオーヴォ・ベラルデンガにあります。古い城壁に囲まれたサングズメの街を背景にした、ロマンティックで歴史あるワイナリーです。
この土地のワイン造りの起源はローマ時代以前のエトルリア文明時代にまで遡ることができ、その長い歴史に敬意を表して、“Arcenoアルチェーノ”(起源、原点を意味するエトルリア語アルケーより)と名付けられました。

ワインはトスカーナIGTの国際品種を使用したコレクション3種と、キャンティ・クラシコDOCGのコレクション3種(キャンティ・クラシコ、キャンティ・クラシコ・リセルバ、キャンティ・クラシコ・グラン・セレツィオーネ)があります。

DOCGコレクション
すべてのワインは100%自社製(ブドウ栽培、醸造、瓶詰め)です。

【キャンティ・クラシコ】
紛れもなくトスカーナ地方発祥の銘醸ワイン。アルチェーノのワインは、この格付けとしては破格のレベルの奥深さ、力強さ、凝縮感を呈しています
【キャンティ・クラシコ・リセルバ】
南向きの暖かな区画から産まれるモダン・キャンティ・クラシコのお手本。濃厚なダーク・カラー、ピュアな果実味、バランスよくパワフルで、ビロードのようになめらかなタンニンが印象的なワイン。
【ストラーダ・アル・サッソ・グラン・セレツィオーネ】
アルチェーノのキャンティ・クラシコ・コレクションの旗艦ワイン。 “ラ・ポルタ”と呼ばれる特別な畑のサンジョヴェーゼを100%使用。濃厚で複雑、高貴な味わい。

≪セールス・ポイント≫
・エトルリア文明時代(紀元前500年)まで遡れるワイン造り伝統の地。
・自社栽培のサンジョヴェーゼ・クローンを100%使用。
・キャンティ・クラシコ最南端&南西向きの畑の地形、土壌、マイクロ・クライメートの驚くべき多様性。
・マイクロ・クリュ哲学。66に分けられた畑の区画ごとに収穫、タンクを分けて醸造、最終段階でブレンドする方法。
・サンジョヴェーゼの豊富な酸味と穏やかなタンニン⇒料理にあわせやすい食事向きのワイン。
・90点以上の高評価ワイン続出!キャンティ・クラシコ2017は念願のガンベロ・ロッソ最高評価トレ・ビッキエリ獲得!!

テヌータ・ディ・アルチェーノは16世紀からワイン造りを行ってきました。北のフィレンツェに向かって流れるアンブラと南のグロッセートに向かうオンブローネ川の分岐点に位置しています。かつてエトルリア文明が栄えた地であり、 その歴史に敬意を表して、ワイナリーは“Arcenoアルチェーノ”(起源、原点を意味するエトルリア語のアルケーより)と名付けられました。

歴史あるトスカーナ・ワイナリー
テヌータ・ディ・アルチェーノはトスカーナの歴史あるワイナリーで、2つのカテゴリーに分けられる高品質ワインの多彩なラインナップを持っています。一つはキャンティ・クラシコDOCGのサンジョヴェーゼを使用したワイン3種、そしてもう一つは トスカーナIGTの国際品種を使用したワイン3種です。
ブドウ畑は、キャンティ・クラシコ地区の最南端、蝶の形をした村カステルヌオーヴォ・ベラルデンガにあり、シエナに隣接していることから「最もシエナらしいキャンティ・クラシコ」と呼ばれています。世界的に有名な生産者の本拠地で、ワインのスタイルはキャンティ・クラシコ北部のものとはかなり異なります。
特徴は、ふくよかさ、豊かさ、凝縮感。世界最高峰のワインと肩を並べるレベルの上質さを誇ります。

土壌、地形、およびマイクロ・クライメートの驚くべき多様性
およそ1,000haの所有地のうち110haにブドウが植えられています。50haはオリーブ畑、残りは在来植物の保護地区となっています。ブドウ畑は 66の区画に分かれ、サンジョヴェーゼ50%、国際品種(カベルネ・フラン、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨンなど)50%の割合で栽培されています。 そして背後には城壁に囲まれた古代の町サングズメの息をのむほど素晴らしい景観が広がっています。
ブドウの木は真っ直ぐではなく、丘陵に沿ってやや山なりに植えられています。“あくまで自然に忠実に”という基本理念によるものです。

ワイナリー・マップ https://www.tenutadiarceno.com/estate/terroir/estate-map
トスカーナの地中海性気候は、南からの暖かい風と北の山々から吹き込んでくる涼しいそよ風によって形作られています。
またアルチェーノの起伏のある地形は標高300~500m以上の地点に位置し、10の異なるマイクロ・クライメートを擁しています。 ブドウ畑は主に南西向きで、冷たい北風から守られ、1日を通して太陽の光がたっぷりと降り注ぎます。
ブドウ畑は粘土、砂岩、玄武岩、硬い片岩など、驚くほど多様な土壌に恵まれています。川岸近くの堆積物土壌と高地の岩石を非常に多く含む土壌まで様々な層があります。これらの石ころだらけの土壌は水はけが良く、ブドウに必要な栄養分を保持する上、夕方になると熱を放出し、日々ブドウの成熟を促すのです。

ヴィンヤード・マップ https://www.tenutadiarceno.com/estate/terroir/vineyard-map
1996年、ブドウ栽培チームは土地の複雑さを完全に理解するために、土壌、地形、気候の詳細な調査を実施しました。 その結果、土壌の多様性をより詳細に把握することで、新しい苗やブドウ品種を植える区画を決定することができたのです。密植率を高め、低収穫量にこだわり、イタリアの伝統にのっとった上でのモダンな醸造法を取り入れたワイン造りは、テロワールの個性を非常に豊かに物語る、豊かで純粋な味わいのワインを生み出します。
110haのブドウ畑は66の区画に分かれ、密植率5000 本/ha超、平均収穫量は7.5トン/haです。
※個々の区画の位置は、Web上の地図のブドウ畑名をクリックして確認できます。

華麗なる歴史
ワイナリーの歴史を彩るのは、二つの有名な名家、デル・タジャ家とピッコロミニ家です。 デル・タジャ家は1504年に、土地区画ごとに購入して敷地を拡げ、建築の改良を加えました。 1829年、デル・タジャ家は、シエナで最も著名なファミリー、ピッコロミニ家に地所を売却。ピッコロミニ家も庭園、湖、そして現在も残る多くの別荘を建設、地所に更なる壮麗さを加えました。ファミリー所有の伝統を引き継いだのが、ジェス・ジャクソン(カリフォルニアの有名ワイナリー、ケンダル・ジャクソンの創始者)&バーバラ・バンケ夫妻です。夫妻はトスカーナを訪れた際にアルチェーノの素晴らしさに魅了され1994年に地所を購入。ジャクソン・ファミリーがカリフォルニア以外で購入した最初のワイナリーの1つとなりました。

≪沿革≫
1000年代
小さな独立したコミュニティとしてアルチェーノの名が古文書に記載
1504年
タジャ家が地所を購入
1600年
最初の別荘が建設される
1716年
現在、キャンディ・クラシコとして知られる最初のキャンティ・ワイン栽培地域がコジモ・ディ・メディチ三世によって確立される。
1829年
シエナの貴族ピッコリーニ家が地所を購入、現在も残る建物を建設
1967年
イタリア政府によるDOCキャンティ制定
1984年
DOCGに昇格。イタリアワインの最高格付けに。
1994年
先見の明のあるカリフォルニアの大手ワインメーカー、ジェス・ジャクソン&バーバラ・バンケ夫妻が地所を購入。高名なフランス人ワインメーカー、ピエール・セイランと共にテヌータ・ディ・アルチェーノを設立。
1994年
総支配人を務めるSandra Gonziサンドラ・ゴンツィが入社
1995年
栽培責任者Michele Pezzicoliミケーレ・ペッツィコーリが入社

2002年
醸造責任者ローレンス・クローニンが入社
2016年
ワイン・スペクテイター Top 100で19位にランク・イン (イル・ファウーノ2012)
2018年
ガンベロ・ロッソ トレ・ビッキエリ受賞(ヴァラドルナ2013)
2019年
ガンベロ・ロッソ トレ・ビッキエリ受賞(キャンティ・クラシコ2017)
2020年
ガンベロ・ロッソ トレ・ビッキエリ受賞(キャンティ・クラシコ・リゼルバ2017)

ワイン造り
ジャクソン・ファミリー・ワインズのオーナー兼会長であるバーバラ・バンクは、子供たちのクリストファー、ケイティ、ジュリアとともに、テヌータ・ディ・アルチェーノの再興に深く関わってきました。 ワイナリーの専門チームと緊密に協力し、この歴史ある荘園をキャンティ・クラシコ地域の旗艦ワイナリーの1つに押し上げたのです。

専門チーム
創業者であり醸造家でもあるフランス人のピエール・セイランとアメリカ生まれの醸造家ローレンス・クローニンが20年以上もの間協力し合って、マイクロ・クリュという哲学に沿ったワイン造りを行っています。
PHOTOS https://www.tenutadiarceno.com/winemaking/team
栽培責任者Michele Pezzicoli (vineyard manager)、
総支配人Sandra Gonzi (General Manager)
醸造責任者Lorenz Cronin (winemaker)
※写真有。アグリHPメーカー説明ページに貼付

ワイン造りの哲学
“私は土の僕(しもべ)です。それぞれの区画が持つ個性を純粋に表現しようという意識は、当初から私の”マイクロ・クリュ哲学“の基本でした。
–by ピエール・セイラン、創業者兼ワインメーカー
品質追求のため、チームは“マイクロ・クリュ”というブドウ栽培哲学を実践しました。個々のテロワールと土壌の種類に基づいて、ブドウ畑の区画をより小さなセクションに分割したのです。それぞれのマイクロ・クリュには、テロワールに最も適した品種、クローン、台木、ブドウ栽培方法を取り入れています。66のマイクロ・クリュは別々に手入れ、収穫、醸造され、それぞれが特定の小さな区画のユニークな特性を物語るワインになります。 マイクロ・クリュをまとめてワインを完成させるのは、ワイン製造プロセスの最終段階です。(畑別にタンクを分けて発酵させ、醸造の最終的でブレンド。)
ブドウ畑を植え替えるとき、私たちはテロワールの複雑さを完璧に理解するため、土壌、地形、気候の詳細図を作成しました。テロワールの複雑さに対応するため、ブドウ畑を66のマイクロ・クリュに細分化したのです。

2つのカテゴリー
アルチェーノでは多様なテロワールから2つのカテゴリーのワインを産み出しています。
まずは、キャンティ・クラシコ、キャンティ・クラシコ・リセルバ、キャンティ・クラシコ・グラン・セレツィオーネ・ストラーダ・アル・サッソの3つのDOCGワイン。
もう一つは、国際的品種による3つのIGTトスカーナ・ワイン、イル・ファウーノ・ディ・アルカナム、ヴァラドルナ、アーカナムです。
6種類すべてが、テロワールを真に反映した100%自社元詰めワインです。

DOCGキャンティ・クラシコ・コレクション
トスカーナの丘陵地帯にあるキャンティ・クラシコ地域では、何世紀にも渡って最も上質なサンジョヴェーゼが生産されてきました。
丘陵の中に佇むテヌータ・ディ・アルチェーノはその本拠地だったのです。
ブドウの木一本一本に愛情を込めて世話をし、土壌から発せられるメッセージに耳を傾け、果実の表現をできるだけ尊重することで、アルチェーノ特有のユニークな個性を持った素晴らしいワインを産み出すことができるのです。

Line Up / 商品一覧

画像・POP等

テヌータ・ディ・アルチェーノの画像・POP素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はテヌータ・ディ・アルチェーノに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ