アグリロゴマーク

ドメーヌ・クールベ

シェリーのような酸化熟成の魅力。
一度はまったら虜になる、魔性の山岳ワイン!

スイスと国境を接するジュラ地方は、コンテなどコクのあるハード・チーズと酸化熟成させた白ワインという独特の“山の食文化”を誇ります。『フランス5大白ワイン』のひとつヴァン・ジョーヌ(黄色のワイン)はシェリーと同様、フロール(産膜酵母)香と力強い酸化熟成の風味を持ち、一度味わったら忘れられない奥深さを湛えています。ドメーヌ・クールベは5世代続く家族経営のワイナリーで、ヴァン・ジョーヌの名手。5代目当主ダミアンは一流ワイナリーで腕を磨き、秘境と呼ばれたジュラ伝統の山岳ワインに新風を吹き込んでいます。2014年~全ての畑でビオディナミ栽培を実施。(無認証)。2016年~ECOCERT認証取得。

ジュラの伝統を守る家族経営のドメーヌ。現当主で5代目のダミアン・クールベは、カリフォルニアのオ・ボン・クリマでジム・クレンネデンと、また1国内ではアルザスのオリヴィエ・ツィント・フンブレヒト、マコンのオリヴィエ・メルラン、ブルゴーニュのニコラ・ポテルとワイン造りの腕を磨き、南アフリカでも経験を積んでいます。
2003年、故郷に戻り父ジャン・マリーとともに働くようになったダミアンは、新しく幅広いワイン造りのビジョンをこのジュラの地にもたらしました。(現在でも秘境と呼ばれるジュラでは、まだ何もかもが”伝統”にどっぷりと浸かっているのです。)
2011年、父親の引退とともにダミアンはドメーヌの経営を正式に引き継ぎました。もちろん、父は今も畑やセラーを見回りながら助言を続け、経営管理を任ってきた母もビジネスに密接に関わっています。そしてダミアンの妻が、2人の娘を育てながら事務管理を引き受けています。ドメーヌ・クールベは家族の力が結集した、真のファミリー・ワイナリーなのです。
ドメーヌの所有畑は7.8ha。“シュル・ライア”地区では2004年、2006年よりシャトー・シャロン村“シュル・ロッシュ”の畑で、そして2014年からは全ての畑でビオディナミ栽培を実施。(無認証)。2016年よりオーガニック生産者としてECOCERT認証を受けています。

Line Up / 商品一覧

画像・POP等

ドメーヌ・クールベの画像・POP素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はドメーヌ・クールベに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ