アグリロゴマーク

シャトー・アルジャンティー

~自然が生み出す宝物~
テロワールやヴィンテージの個性をしっかりと捉えた“ワインの真の風味”の再発見!

ラングドック地方コルビエール山塊の中心部にある中世の美しい村ラグラッスにあるワイナリー。地元ブドウから生まれるオーガニックワインは余計な手が一切加えられていない“自然の中の宝石”。567haの広大な敷地(うち40.5haがブドウ畑)はマツやイトスギの森、灌木の間に点在し、平均樹齢は20~50年、低収穫量の上質なブドウを産出。ワイナリーは財団として、すべての収益を敷地の環境保護と維持に回しています。

【哲学】
“グローバルな問題に対するローカルな解決”・・これがアルジャンティーの合言葉です。環境に優しく持続可能なワイン造りをめざすアルジャンティーの567haの広大な敷地は(うち40.5haがブドウ畑)コルビエール山塊の中心地カルカッソンヌ郊外の、中世に建設された美しい小さな村、ラグラッスに広がります。
小さな区画に分けられたブドウ畑は、アラリック山の岩場やマツやイトスギの森、ガリーグ(※南仏特有の灌木の茂み)の間に点在しています。大半の畑の平均樹齢は20~50年、収穫量は低く抑えられ、非常に高品質なブドウを生み出しています。
“環境に優しく持続可能な製法”という指針に基づき、ワイナリーは財団として組織され、全ての収入を敷地の保存維持のための再投資に回しています。最高の環境の下で育てられたラングドックの伝統ブドウから生まれるオーガニックワイン、シャトー・アルジャンティーはいわば“自然の中の宝石”です
【ワインの真の風味】
テロワールやヴィンテージの個性や特徴をしっかりと捉えた“ワインの真の風味”を再発見するために、栽培醸造プロセスにおいて余計な手は一切加えません。
セラーは何世紀にも渡って作られた、一連のアーチを特徴とする古代様式で、最も新しい部分でも1793年に遡ります。セラーにはももと巨大な石とセメントタンクが備えられていましたが、現在生産しているプレミアムワインには大きすぎるため、現在は撤去されています。
ブドウは栽培された区画ごとに別々に醸造され、温度調整可能で完璧に衛生的なステンレスタンクを使用。ブドウが持つ本来の魅力を余すところなく引き出しています。

Line Up / 商品一覧

Images / 画像素材

シャトー・アルジャンティーの画像素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はシャトー・アルジャンティーに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ