アグリロゴマーク

ボデガ・ソモス・ガルナッチャ

アラゴンの宝、オールド・ガルナッチャの奇跡の復活!

アラゴン地方の地元品種と言われるガルナッチャ・ティンタ。自社畑の多様なテロワールによって魔法のように変幻自在なワインを産み出します。地元の文化伝統、そしてブドウ畑を愛するワインのプロフェッショナルたちが結集し、過去の遺産として失われようとしていたオールド・ガルナッチャの畑を復活させたのが、このワイナリーの始まりです。化学肥料、殺虫剤および除草剤を一切使わず、環境に優しい伝統的な減農薬栽培から生まれるワインは、まさに唯一無二の個性を誇ります。

ワイナリーの使命:
祖先から受け継がれたユニークな遺産、ガルナッチャを守り伝え革新的なワインを生み出すこと。

歴史:
中心地ダロカから10km、シローカ川のほとりにある住民76人の小さな村ムレロの "フィンカ・ラ・モラティーリョ"と呼ばれる地所。所有畑はおよそ100ha。そのほとんどがガルナッチャの古木畑である。
ワイナリーは華美なデザインとは無縁のシンプルさ、機能性、そして本格的なスタイルを兼ね備えている。ワイナリー、ワイン、そしてブドウ畑における“真に大切なもの”に全精力を傾けているからである。
アラゴン地方特産の建築資材が使用され、硬いレンガ、セラミックの炻器(せつき)、天然大理石による石膏造りの天井、繊細なアラバスター装飾が見事。
石造りのエントランスは、アラゴン地方の農家の伝統的なスタイルである。

醸造:
100%手摘みによる収穫。険しい急斜面と100年以上前に植えられた畝の間隔の狭さにより、機械は入れられない。収穫したブドウは20kg入り小箱に詰められ、ブドウ畑で最初の選別。その後セラーの選別台で更に厳選、除梗され、完璧な状態の粒だけが醸造に回される。容量10,000kgのステンレスタンクで発酵、乳酸発酵。熟成には225Lのフレンチオークの樽(伝統的なミディアムロースト)を使用。

ブドウ:
アラゴン地方が誇る地元品種、ガルナッチャの貴重な古木のブドウを使用。

テロワール:
独特の気象条件、ブドウ品種、土壌、そして人間が生み出したその土地の文化が大きく関わっている。


気候:
猛暑の夏、厳寒の冬が特徴の厳しい大陸性気候。しかし畑の標高が平均850m~1,100mとかなり高地にあるため、ブドウ栽培には想的な条件。夏の厳しい暑さを免れるお蔭で、ブドウは長い時間をかけてじっくり成長、成熟する。年間350〜400 mmの降水量のほとんどがブドウの最大成長期の4〜7月に集中。気温、日照時間、湿度、風などの諸条件により年によって変動がある。


土壌:
主に珪岩とスレート。有機物をほとんど含まず、適度な通気性がある。赤色と灰色のスレートがある。

文化:
伝統的なブドウ栽培は、祖先から受け継がれた文化に基づいている。それは必要不可欠なことのみに削ぎ落とされたシンプルな方法である。広々としたブドウ畑、細心の注意を払ってブドウ栽培に精魂を注ぎ込む人間の情熱は、いわゆる”テロワール“の完璧な循環を成している。 化学肥料、殺虫剤および除草剤を一切使わず、環境に配慮した伝統的なブドウ栽培は、文化的伝統と持続可能な作物を維持していくための必須条件である。

独自の取り組み:
※減農薬栽培(厳密にはEU有機農法規格に沿っていない可能性があるため)

環境保護の視点に立ち、フェロモンを利用した欧州ブドウ蛾(Lobesia botrana)の害虫駆除等々の殺虫剤や農薬を使用しないこと、過剰な工程を割愛することを目的とした取り組みを行っている。
最終目的は、あくまでも土壌の保護、環境にやさしい栽培を実現することにあり、有機認証取得を目的としておらず、取得の予定は今のところない。そうした観点から、欧州一般の有機規格とは異なり、ボデガ・ソモス独自のテロワール(土壌、マイクロクライメート)に適した栽培を実施している。
また、2019年より約3年の予定で自社酵母の開発プロジェクトをスタート。

Line Up / 商品一覧

Images / 画像素材

ボデガ・ソモス・ガルナッチャの画像素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はボデガ・ソモス・ガルナッチャに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ