アグリロゴマーク

パゴ・アイレス

スペインで20社、アラゴン地方では唯一のパゴ認定ワイナリー!

パゴ(PAGO)とは土壌と微気候の両方に独特の特徴を持ち、周囲と区別された地域や畑を指します。認定されているのはスペインで20社のみ(2019年度現在)、アラゴン地方では唯一パゴ・アイレスだけです。砂漠のオアシスともいうべきユニークな土地から、きわめて個性的なワインが生まれています。人の手を極力介入させない自然派ワインをめざし、減農薬から有機栽培へ、選別酵母から天然酵母使用へと、ただいま転換の真っ最中!アイレス農園で栽培・醸造の限定生産ワイン”アルデーヤ”と、3つの地方の契約農家のブドウを使用したプロジェクト・ワイン”インモルタリス”、コスパ抜群の2ブランドをお届けします。

【パゴ・アイレスのブドウ園】
マドリッドとバルセロナの中間地点、リオハの南側、サラゴサ市近郊にある、12世紀からの長い歴史を持つアイレス農園。現オーナーのラモン・ファミリーにより1980年代から整備され、アラゴン地方最大の個人経営農場の1つとなりました。
3,200ha以上の広大な地所は貴重な生態系の宝庫で、荒々しくも美しい自然を維持しています。
南部のモンテ・ネグロは野生動物の王国で、鳥類特別保護地区として欧州委員会のナチュラ2000ネットワークにも指定されています。一方、北部のモンテ・ビアンコは豊かな帯水層がありブドウ畑が広がっています。豊富な水量を誇る2つの川に支えられた“砂漠のオアシス”の農業の可能性は計り知れません。

【テロワールの特異性】
グラシス(Glacis)と呼ばれる、石ころだらけで深く冷たい古い粘土炭酸カルシウム層。
山脈によって暖かい風は阻まれ北風のみ吹き込む地形。西部の山々に遮られる夏の午後の強烈な太陽光線。
乾燥した寒い冬(-10℃)、酷暑の夏(40℃超)、極端な昼夜の気温差(20℃以上)、年中吹き荒れる北風、シエルソ(CIERZO)。
これらの厳しいテロワールが、ワインにすばらしい特性を与えてくれます。保水力が高いグラシスは地下水を蓄積し、ブドウ生育期に水を供給。冷たい粘土質土壌では他の地域より最大15日ほどブドウ生育サイクルが遅くなり、ゆっくりした成長と厳しい温度差が、複雑なバランスと余韻の長い味わいを持つ長寿なワインを産み出すのです。また、シエルソはブドウを病害虫から守ってくれます。

【ブドウ畑】
持続可能な減農薬栽培。人の手の介入を極力避け、自然のブドウ生育サイクルに従っています。収穫量34hl/haが品質を重視するパゴ・アイレスの基準となっています。
総面積100haの自社ブドウ園には、ガルナッチャ、テンプラニーリョ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラー、シャルドネの6種が植えられています。そのうちビノ・デ・パゴのDOP認定ブドウ畑は53ha。(シラーとシャルドネは認定対象外品種、また樹齢25年以下の若いガルナッチャ、テンプラニーリョも認定外。)
畑はワイナリーの周囲に広がっており、収穫後わずか数分で醸造を開始できるのです。
またパゴ・アイレスは夜間の収穫を始めたパイオニアでもあります。日中の暑さによるブドウの早期発酵を阻み、個性的な香りや風味を損なわないようにするための有効な方法です。こうした特別な管理を通して、ブドウの木一本ごとにカスタマイズされた高い目標を達成しているのです。

【ラモン・ファミリー】
20年にわたる情熱的な取り組みにより、カリニェナを代表するワイン生産者となったパゴ・アイレス。1990年代後半にフェデリコ・ラモンの所有となり、20年以上の歳月が流れました。現在、夫人と三人の子供アナ、インマクラーダ、フェデリコが故人となったラモンの遺志を継ぎ、幼少のころから深く関わってきたワイナリー事業を力を合わせて運営しています。アナ(長女)= CQO 品質管理責任者、インマクラーダ(次女)= CTO & CVO 技術&醸造責任者、フェデリコ(長男)=CFO 財務責任者。

【ワイナリー】
2000年に建設。ブドウ畑の真ん中にあり、隅々までアラゴン様式及びムデハル様式の意匠が凝らされた素晴らしい建物。セラーには600以上のフレンチ&アメリカン・オーク樽がずらりと並べられています。

【チーム】
“人は繰り返し行うことの集大成である。だから優秀さとはただ一度の行為でなく習慣なのだ”/ (アリストテレスの格言より)
パゴ・アイレスは、市場に出回る伝統的ワインとは一線を画す独自のワインを提供し、最も厳しい消費者を満足させるために、栽培、製造、販売まで一貫して優秀性を追求している。

栽培&醸造:
インマクラーダ(次女)が一切を取り仕切っている。目指すのは“畑の本質と、創業者である父フェデリコの情熱を形にしたワイン”である。そして“できうる限り、人の手の介入を避ける”というスタイルを貫いている。2017年より有機プロジェクトを開始、培養酵母から天然酵母に切替え、2020VTより認証取得予定。(自社畑生産のアルデーヤ・ブランドのみ。インモルタリス・ブランドは他の地方の契約農家のブドウから造られる。)

天然酵母:
ブドウ畑のアイデンティティを尊重し、土地固有の個性と品質をワインに伝えるため、天然酵母使用に取り組んでいる。またアイレスでは、著名なワインの専門家たちと密に交流し、協力関係を築いている。


現在:
土壌学、気候学、官能検査、物理的&化学的検査を駆使した醸造方法とアイレスの歴史的背景に至るまで、長年研究を尽くした結果、 2010年10月の審査で、スペインのワイナリーが目指す最高品質原産地指定ワインVino de Pagoビノ・デ・パゴを産するワイナリーとして10番目に認定。スペインでは20社のみ、アラゴン地方で最初かつ唯一の、数少ない公式認定パゴ・ワイナリーの1つとなった。
PAGO(パゴ)とは土壌と微気候の両方に独特の特徴を持ち、周囲と区別された農村地域であり、その畑は特別な個性と品質のワインを生産している。

パゴ認定されているワイナリー(2019年現在)
The Vino de Pagos
1.Campo de la Guardia ( 2009, Toledo)
2.Casa del Blanco ( 2010, Ciudad Real )
3.Dehesa del Carrizal ( 2006, Ciudad Real )
4.Dominio de Valdepusa ( 2002, Toledo )
5.Finca Élez ( 2002, Albacete )
6.Pago Guijoso ( 2004, Albacete )
7.Pago Florentino ( 2009, Ciudad Real )
8.Pago de Arínzano ( 2009, Navarra )
9.Pago de Otazu ( 2009, Navarra )
10.Prado de Irache ( Navarra)
11.Pago de Aylés ( año 2010, Zaragoza )
12.Pago El Terrerazo, de Bodegas Mustiguillo ( año 2011, Valencia )
13.Los Balagueses ( 2011, Valencia)
14.Pago Chozas Carrascal ( 2012 Valencia )
15.Pago Calzadilla ( 2011, Cuenca )
16.Pago Finca Bolandín, Bodega Pago de Cirsus (2014 Navarra).
17.Pago Vera de Estenas (2013, Valencia)
18.El Pago de Vallegarcia(2019 Castilla-La Mancha)
19.Pago de la Jaraba(2019 La Mancha)
20.Pago Los Cerrillos (2019 Castilla-La Mancha)

≪プチ情報≫
パゴ・アイレスから、3つのYouTube動画が紹介されました。地元アラゴン州のフットボールチームでプレイする香川選手と岡崎選手が、互いの活躍する街を訪れPRしている動画です。
二人がタパスと共に赤ワインを味わっているシーンもあります。
※トップページのニュース & トピックス欄のリンクをご覧ください!

Line Up / 商品一覧

画像・POP等

パゴ・アイレスの画像・POP素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はパゴ・アイレスに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ