アグリロゴマーク

ドメーヌ・オー・マラン

古代、海の底だった粘土白亜質の畑は貝殻の化石だらけ。
”オー・マラン”はまさに太古の海からの贈り物!
ガスコーニュ産のさわやかな白ワインはシーフードにぴったりです。

フランスからスペインのサンチャゴ・デ・コンポステラに通ずる“巡礼の道”に面した畑。2300万年前、海の底だった土壌は貝殻の化石がたくさん見られます。スイスから移住した一家の三世代目が力を合わせて生み出す3ブランドのひとつ、”オー・マラン”は海にインスピレーションを得ています。有機肥料のみを使用、工夫を凝らした減農薬農法、夜間~早朝の収穫、窒素充填圧搾、長い果皮浸漬・・。フレッシュで芳香豊かなワインはこうした努力から生みだされています。

Haut Marin=外海。海からの贈り物

作り手: ジュジェルネール&プラタヴィエラ・ファミリー
Prataviera-Jegerlehner family

歴史:
およそ100年前から、ガスコーニュの地でブドウ栽培に情熱を注いできたプラタヴィエラ&ジュジェルネール・ファミリー。並外れたテロワールのおかげで、エレガントなワインを幅広いレンジで生産し、成功を収めてきた。

1920: スイス人の醸造家ジャン・フランソワ・モレルがガスコーニュに移住、10haの畑を購入。
1960: ファミリーの3世代目、デニス & ジャン・ジュジェルネール夫妻がセラーを建設、ブドウ畑も拡張。経営に加わった息子のフィリップ・ジュジェルネールは、今や一日中畑にいるといっても過言ではない。
1988: 娘のエリザベス・プラタヴィエラもワイン造りの情熱を受け継ぎ、栽培醸造家となった。家族みんなで力を合わせ、畑を160haにまで拡張。
2003: ドメーヌ・ド・メナールの名で最初の自社瓶詰め。

現在、“ドメーヌ・ド・メナール”、“ドメーヌ・オー・マラン”、“シャトー・ド・メナール”の3つのブランド名で年間130万本のワインを生産し、そのうち50%は輸出されている。新たな市場で名を上げるため、規模を拡大し発展を続けているのである。

ブドウ畑:
ドメーヌは“巡礼の道”として有名な“ル・ピュイの道”(フランスからスペインのサンチャゴ・デ・コンポステラへ至る4つの街道の一つ)に面したバ・アルマニャックの中心地にある。 美しいガスコーニュの風景に溶け込んだワイナリーは面積約160ha。全てIGP コート・ド・ガスコーニュに属している。
ブドウ畑は非常に貴重な古代からのテロワールに恵まれている。2300万年前、この辺り一帯は海の底だったので、土壌には貝殻の化石が頻繁にみられる。

コロンバール、ユニ・ブラン、ソーヴィニヨン・ブランは粘土白亜石土壌で育てられ、さわやかな辛口白ワインとなる。一方、プティ・マンサン、グロ・マンサンは深い砂質土壌で育ち、過熟状態まで待ってから収穫されるため、エレガントな甘口ワインとなる。

醸造: 4世代目のエリザベス・プラタヴィエラと夫のアンリが担当
伝統的醸造法。ブドウの豊かな芳香を残し酸化を防ぐため、摘み取りは涼しい夜間~早朝に行われる。果汁抽出のため長い果皮浸漬。圧搾は良質のワインを手に入れるための最重要&最難関ステップの1つとの認識から、ブドウの香り、鮮度を保ち、ジュースの変色を防ぐため、窒素を充填した圧搾機でプレス。低温静置後、清澄を行いジュースと澱を分別。
ワインはステンレス・タンクとコンクリート・タンクで少なくとも3ヶ月間熟成。
持続可能な減農薬栽培(サステイナブル農法):
・水処理
ブドウの木を保護するために散布される水はミネラル除去された脱イオン水で、常に適温に保たれている。この水処理により、農薬の使用量を35%削減できる。
・農薬散布機にアンチ・ドリフト・パネルを装着し、農薬が地面に落ち分散することを防いでいる。この装置により農薬の使用を40%削減でき、環境保護に貢献できる。
・土壌保全
土壌を保護するために有機肥料のみを使用。

Line Up / 商品一覧

Images / 画像素材

ドメーヌ・オー・マランの画像素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はドメーヌ・オー・マランに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ